きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

健康状態107

前回診察に行ったのは9月3日。

次の診察→9月6日。

まあ、これは予定外なんだけど「何かあれば来てもいい」とのことだったので、前日に予約入れた。

3日から6日までの間、やっぱりおかしかったので。

診察は前回と訴える内容は同じだったけど入院は回避。

薬は調整した。

 

通院のスパンが短くなっているので、母に「状態はよろしくない」と言ってみる。

母には以前「躁うつ病なんですよ」と言ったりしたのだけど、躁がまったくわかってないみたい。

「気分が上がりすぎる」と言えば「そりゃ誰だって気分の波がある」と返されてしまうし「寝ない」*1ことも「一晩くらい寝なくたって問題ない」になるんですね。

そして、昨日母と話をしてみて愕然とした。

普通にうつ病だと思ってる。躁うつ病だって言ったのに……。

母の疑惑であるうつの症状については取り敢えず否定するが、躁については何も言わず。

これ以上躁について話をするというか、理解を求めようとするのは私にはムリだ。

これはもう1回でいいから親には先生から説明してもらった方がいいに決まっているし、先生もそうしましょうかとのことで、次回母を連れて行きます。

先生と母を会わせたらいったいどうなるか今から怖い気がする。

母に、線路飛び込みたい話と入院するかも的な話は一切してないんだよなあ。刺激が強すぎてね。そこまで話が及ぶのかな。及ぶか。

その次回の診察は数日後。

*1:厳密に言うと「眠れない」のではなく「寝る必要がなくなる」状態になってしまう。徹夜はよろしくない