きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

卒論とWindows

【軽くおしらせ】

ある人曰く、現在「けっこうな躁」らしいです。

実際ここの記事は量産されていて、2週間先まで用意してます。

健康状態についてはまた今度(もちろん予約投稿してある)。

このまま躁だと少なくとも1ヶ月は更新が続くのではないでしょうか。

 

ここから本題。

私が卒論を提出したのは2003年。

研究室によってApple派とWindows派があったような。

うちはWindows派で、絶対に使わなきゃならなかったのはWord、PowerPoint

Excelはデータ処理には必要だったけど必須ではなかった。

まー私は並べかえくらいしか使わなかったが。

実家で当時のデータ探してみたら何かわかるか……フロッピーだ。パソコン本体は処分してないからそっちにあるかな。

Wordは論文そのものの作成に使用した。

40ページくらい。データの羅列が9割。

考察なんてページの半分もなかった気がする。

あ、下らない内容だけどコピペはしてませんから。

コピペしてレポート出すとかいう概念はあの頃なかったし。

PowerPointは発表用。

あれは凝りだすと止まらない。

うちの研究室は多少のお遊び?は許されてたから何かいろいろやったと思う。 

もちろん実験はそっちのけだ。現実逃避ですな。

発表しながら自分でパソコンを操作しなかったので、後輩に原稿を渡して

「原稿見ながらこういう操作をして」  

等と指示をしたのでした。

しかし社会出てからPowerPointはまったく使ってないのですよ。

中小食品製造業の品質管理とか派遣しかやってない奴がプレゼンなどやらんやらん。

もちろん、無駄にはなってない。

父に「(今は)使ってないのか」と問われたのだが、昔使ったのなら思い出せるだろうと言われました。

使うのかな。