きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

遠征

8月某日。

家でPCの勉強しろよって思わないでもないが、最初から京セラドームでベイスターズの試合と決めていたのです。

移動手段は青春18きっぷ

風邪気味だからどうしようか迷ったけど朝は6時過ぎに目が覚めたから、筒香レプリカユニホーム持って列車に乗ったのです。

さて。

私はずっと京都府内だと思ってたのだが、大阪との境界にサントリー山崎蒸留所があります。

予約なしで見学ツアーとか無理なのわかってるから、それ以外に何かあるなら見てみたい。

と思って時間もあるし途中下車。

3杯まで飲み比べできるコーナーが面白かった。

1杯15mlなんだが、1杯あたりのお値段は100円から2,900円くらいまで。

100円のを2杯にしました。

せっかくだから山崎蒸留所と白州蒸留所のものを飲み比べてみました。

白州蒸留所は山梨県北杜市(旧白州町)にあるのですが、親の実家が割と近いので子供の頃から何度も行ってます。

量は少ないけどストレートだからきつかった。

味や風味の違いは……よくわからなかった。一般消費者は酔えればそれでいいと思う。

あれを検査する人はたいへんだなあ(完全に他人事)。

白州はクルマじゃなかったら行けないような場所だけど、山崎は駅に近いからこんなこともできて良いですね。

ベイスターズの試合は……精神状態の関係で打者一巡したところで離脱した。

 

実はこれ、当日移動しながら少しずつ書いたのだけど、途中で何か変わっちゃってるのわかりますかね。

山崎までは普通だったのだけど、そこから言いようのない感覚に陥りまして。

酒のせいではないと思う。

うつ化してるのかもしれません。安定しませんね。