きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

離職票

実家に帰ってきてからというもの、1日の3/4は睡眠に費やしてます。

ああ頭が痛い。明らかに寝すぎなんだけど、3時間以内にまた眠くなると思います。

 

さて。

離職票、退職日から10日前後で退職者に渡すようですが、来ません。

以下、ぐだぐだと文が続きますが理由は何にせよ会社は出す気がないとみた。

 

年末年始を挟んだことを考慮しても、遅い。というか、来ない。

単なる怠慢なのか、嫌がらせなのか。

超いい加減な会社だからなー。

半年も在籍してなかったから必要ないと判断されてるのか?

試用期間だったみたいだし(同意なしに延長されてた)。

いや、派遣でも時短でも1か月の契約でも過去にはちゃんと発行してもらってます。

いらないとは言ってません。

 

そもそも雇用保険に加入してるのか?という疑問が……。

給与明細上は保険料払ってることになってるけど、それで本当に払っているということにはならない。……と思わせるこの会社っていったい何なんでしょう。普通の人はそこんとこ疑問に思わない。

まあ加入してなかったとしても驚かない。

それならそれで手段はあるみたい。

いずれにせよ近いうちに書面で催促。もちろん返信用封筒は同封する。

 

と思ったのだけど、ネットで調べると退職前や退職時に本人が署名捺印してどうのこうのと書いてある。

それを会社が職安に持っていって手続き、退職者に渡すという流れ。

待て、休職した末会社に行けずに退職届を郵送で送った人間はどうなる。

世の中円満退社した者だけではないのである。

しかし派遣の時は本部の担当課と郵送でやり取りして発行してもらえたのでやっぱり会社が発行する気がないと考えた方が自然だ。もしかしたら郵送でやり取りするという手段を知らないかもしれない。そこまで疑っている。

また、本人の署名捺印がなくても会社が職安に届けは出せるようです。

そうなると会社が手続きを止めてるのは明らかなんだけど、いったいどこで止まっているのかという疑問が出ます。

職安に持っていっているのかいないのか。

まあ、ここで四の五の言ってないで催促してみます。

催促したら出すか出さないか無視するかのアクションがある「はず」なので、これについてはまた改めて。