きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

悪質という確信

昨日ふと思い付いて職安の求人を検索。

前の会社はそもそも私の後釜を探す気があるのだろうかという疑問というか興味があったし。

結論から言うと、職安にありました。

が、掲載開始日は11月中旬。

私が出勤できなくなって、更には休職ということになってから1週間しないうちに職安に募集かけてるなあ。

単に増員かけたという解釈もできなくないが、このタイミングはどう考えても私の退職を前提としている。

会社としてそれは正しいのかもしれないが、普通は休職者の神経逆撫でしないか。

感情的なしこりが残らないわけがない。

同意なしに試用期間延長したことなどと合わせると、あの会社は私が休職しなかったとしても切り捨てたかったのは明らか。

じゃあ品質管理というポジションに何をどれだけ期待してたんだ??

品質管理を雇ったことのない会社だから、それはそれはものすごい期待をしたのでしょう。

頼むから自分で出せる賃金に見合った要求をしてくれ。

 

そんなに仕事が早いなら、いい加減離職票源泉徴収票出してくれないか。

もう退職から1ヶ月経っている。