読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのひとり飲み会

36歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

派遣の許容範囲

頭の中がPerfumeの「おいしいレシピ」です。

さて、手に職をつけたばかりに求人が少ないです。

こういうこと言ったら怒られるのかもしれませんが事務だったら競争も激しいのでしょうけど、地元にいっぱい求人があるんですよね………。

私の場合運転ができないので郊外の工場には、あ、郊外にも求人がなかった。

【通勤時間編】

立地的にちょうどいい場所での求人がないんです。

今回のお仕事も電車と徒歩で片道1時間半かかるし(涙)。。。。。

でも、でも派遣で2時間半かかってたこともあった。1年持たなかったけど。

この時は自宅から徒歩電車送迎バス、で2時間半ね。

派遣会社の営業には「食品工場は他にない」と言われたし。

確かにうちの辺って製薬会社様しかないしな(この場合の敬称は完全に嫌味です)。

通勤にそんなに時間かかるならひとり暮らしをすればいいじゃないと言われそうですが、派遣でいつまで続くかわからないのに賃貸物件借りられるか!

【交通費編】

求人自体がそんなにない、そして採用してもらえただけでありがたいという感じなので私の場合は交通費は重視してない*1

まあ、月30,000円飛びますが。それが何か。

そりゃあ近い方がいいに決まってるけど、時給1,300円に対して片道1,200円くらいだからそこまで高いわけでもない。たぶん。

ていうか派遣の標準的な交通費っていくらなんだろう。

それが嫌なら職種を根本的に変えざるを得ない。

上述の片道2時間半の検査室の人たちも片道乗換3回の人とか何人かいました。

少々遠いとか交通費がかかるくらいでがたがた言ってはいけないんだと思います。

*1:それが破綻のはじまりのような気がするが求人が少なすぎて学習できない