きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

ひとはひと

私の弁当はまったく色気のないものでした。

独身ひとり暮らしの男性が作ってそうな感じの弁当。

母は「おかずのお浸し残ったから持ってく?」とよく言いますが、ご飯の進まないものは拒否します。

彩りとかそういうものに興味はありません。

さて、今の職場では私を含めて4人でごはんを食べています。

会社で買ってる仕出しの人もいるし持参の弁当の人もいます。

私は少し前までコンビニおにぎりでした。

でも気合いの入らない弁当を作ることにしました。

他の3人は全員栄養士なので私はどうあがいても負けるに決まってます。

ひとはひと、なのでした。