きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

記憶の森へ

えーと、この文が世に出るかわかりませんけど(という気持ちで編集した)。

私が男性と交際したのは15年前が最後です。

その彼とは14年前に別れました。

だから、私の彼氏いない歴は14年です。

彼はいい人だったけど、その時は好きだったけど、人生全体で考えたら3番目くらいかなあ。

3番目の彼と出会った時には

1人目とは19年前に別れた

2人目は17年くらい前で、他に女がいた。厳密に言ったらこの人が彼だったことはないんだけど、関係は持ったし私は本気だったこともあったので。

3番目の彼に対しては好きだけど1番好きじゃなかったとは交際当時からわかっていた。

就職を機に私から別れを告げました。

その後連絡は一切取ってません。

 

それから10年以上、彼のことは記憶のどこか彼方に沈んでいました。

失礼だけど1と2番目の彼に比べたらインパクトはなかったんだろうな、この人。

じゃあ何で思い出したのか。

今の派遣先の開発に彼と同じ学科の人がいたんだよな。学年も1個違うくらい。

私とその彼は同じ大学だけど学科は違うのね。

彼の編入先が私のいた学科なんだけど、とにかく毛嫌いしていたので私のいた学科の人とは連絡取ってないだろうな。

私も同じく毛嫌いしていたので大学時代の学科の同期とはほとんど連絡取ってない。

けど、開発の人は彼を間接的に知っている…………?これは私の妄想だけどね。

開発の人とは話す機会がないので彼を知っているか確認できてない。

でも知り合いではないだろうな。

とかなんとかぼんやり考えていてふと思った。

「あの人はいまどうしているのだろう」と。

そして夢にも出てきた。気がする。

その後は頭の中がこのことで支配されて苦しくてたまらないのです。