きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

night flight

初めてのナイトフライトは19の時です。

実家に帰るのに札幌に寄り、買い物などしていたら千歳に着いたのは日没の頃。

私は基本的にフライトは窓側を選べるなら窓側にしてます。

窓からお外見たいじゃん。

千歳から東京へのフライトも初めてだった*1

離陸時の記憶はないので千歳はまだ日没じゃなかったかもしれん。

着陸の時は完全に夜で、滑走路の青や緑の誘導灯が美しくて感動したのは覚えてる。

しかも12月24日だったから機長が

「Merry Christmas!」

と言っていた。

JALだからバスでぐるぐる空港内を回ることもないし……*2

7年くらい前に仕事終わってそのまま札幌へ飛んだときは頭の中がPerfumeのnight flightでいっぱいだった。

最近で覚えてるのは関空からのフライト。

まあ、3年前だけど。

大阪上空の夜景はキレイというよりはすごくまぶしかった。 

*1:いつもは女満別

*2:女満別は今でこそ知床の玄関口みたくなってるが、2000年頃までの羽田便はJAS(日本エアシステム)しかなかった。今でいう羽田空港第1ビルにJALANAJASが入っていたのだがJASの立場が弱かったのは言うまでもない。搭乗口はもちろんすみっこ。手荷物検査場からけっこう歩いて階段降りて更にバスで空港内を5分くらいぐるぐると走るのだった