きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

オートマ運転ができない

ちょっと車が必要になりそうなことがあって、父に借りて運転してみた。

3年ぶりなのかな?

完全にペーパードライバーですね。

私は大学時代北海道に住んでいたので運転も北海道で覚えた。

就職してからは実家に戻ったけど、通勤は車。

27の時に横浜に引っ越して、その時に車は売らなかったので実家に置いておいた。

帰った時にはそれに乗ってどこかへ行ってた。

28の時に下取りに出した。

それからもたまには運転したけど、33くらいで道路交通法を知ってびびって基本的には運転しないようになった。

さて。

父の車はトヨタの、えーと、車種なんだっけ。まあいいか。

オートマです。

私は過去記事に出した通り、自分の車はマニュアルしか乗ったことがない。

結果から言ってしまうと近所を10分くらい走って終わった。

まず、アクセル踏むとエンジンうるさい。父曰く

「25万㎞乗ってるからなあ」

だそうです。まだ10年も乗ってないのに?それはどうでもいいか。

とにかく、不安になる程度にはうるさかった。

で、自分でもびっくりしたのだが体の左側がマニュアル運転をちゃんと覚えていたのね。

左手はシフトレバーの位置に行っているし、ブレーキ踏むとき左足はクラッチを探していたという。

これを無意識に行っていた………。