きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

友人など必要ない

この時期、夏休みも終わって不登校がどうこうっていう記事多いよなあ。

私は「学校行かなければいいって簡単に言うな」って思う。

こどもよりも何よりも世間体を守りたい親はいると思う。

親って必ずしも子供を守るとは限らない……………。

こういう発言に反論したい人はいるだろうな。

うちの親はあの頃傍観した奴の親と半年前にも旅行してたぞ。

まー中学時代はいろいろあったんですが、母は(略)と言って私を守りませんでした。

略の部分を正直に言ったら大問題なので伏せます。知人は驚いてました。

父?仕事忙しかったからねえ。帰ってくるけど不在みたいなもんですよ。つい最近まであんまり話したことなかったよ。

この頃は生きている価値がないと思ってました。死ねばよかったかな。

20過ぎたくらいで「親もただの人」とわかったけど。だからって楽にはなりません。

私は悟りました。攻撃こそ最大の防御だと。

なので最近まで他人には攻撃的でした。だから私の周囲には人がいません。

高校までの知り合いとは自然に切れた。

もう会うこともないけどそれが別に、何?って感じ。

SNSで親友がどうこうと言ってる投稿を見ると吐き気がする。

教師もみんなと仲良くしろと言ったのもいましたが*1、学校に友人などいなくたって別に不自由しないぞ。

私は塾で他の学校の子と仲良くなって、学校だけが世界のすべてじゃないんだとわかりました。

冒頭で「学校に行かなければいいと簡単に言うな」とは言ったけど学校の外に逃げるのはありだと思う。

物理的なことだけを指しているのではありません。

それができればいちばんいいのだけど、無理なら心だけでも。だいぶ楽になりますよ。

20年前だったら文通とかもおすすめなんだけど今の子にはわからないかなー。

*1:これを言ったのは2年の時の担任だったのだが社会に出て1年目だった。そんなのに担任やらせるなよ………。

1年の担任はいろいろ知っているから何も言わなかった