きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

面接9発め2018・本年2度めの派遣編

派遣の面接。

派遣会社が使う表現は「職場見学」ですけど、私はあれは面接だと思うよ。

時給1,400~1,600円、食品の微生物検査の案件にエントリー。

「時給には幅がありますがなつみさんは経験者だから1,500円でお約束します」

だそうです。1,600円ちょうだい(笑)。

あれよあれよという間に面接のセッティングは進んだ。

11月某日、某所でテンプスタッフの営業と待ち合わせる。

テンプスタッフはどの営業が担当でも職場見学の1時間前に最寄りの駅で待ち合わせて、営業の運転する車の中で打ち合わせというやり方です。

この事前打ち合わせは派遣会社によって雲泥の差があります。

その時に、改めて雇用条件の説明を受け、先方へ予め提出したスキルに関する資料を見ながら話し合い。

質問される可能性もあるから、ということで退職理由なんかもすり合わせる。

昔のパワハラはストレートに言ってもいいけど最近の体調不良は別の表現を使う、など。

あ、そうだ、これは聞いておかなきゃというものがある。けっこう重要だ。

「競合はありますか?」

「あります。就業先は超大手ですからね、WDB、大手広告系(どこ?)、地元の派遣会社などなど」

うわー。やっぱりWDBか。勝てるか?こんな質問さらっと出るなんて、私も派遣歴長いんだなあ。

訪れたのは超大手食品工場。

担当者は2名。品管の上の人。

社交辞令なのかよくわからんが、経験を絶賛してくれた。わーい。

シフトについて対応できるか質問された。

質疑応答はそのくらいだった。

そのあとは検査室を見学させてくれた。

何もかもでかい!!!

工場も超でかいが、あんなでかい検査室見たことがない

こんな感じであまり突っ込んだ話にもならず、スケールのでかさにただただびびって終わった。

採用に関する決定権を持つ人が不在のため結果が出るには時間がかかるそうな。

 

結果を信じて取り敢えず、寝る。