きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

ブログのタイトル

ブログ村のランキング見ていると、みなさん登録しているカテゴリーそのものなタイトルですね。

派遣社員の何とか、躁うつ病の何とか、みたいな。

このブログはFC2時代*1なんて一時期膵炎ブログと化し、はてなに来たら定期的に躁うつ病ネタで占められる。

しかし2010年に開設した時点では毎晩飲んだくれてたし、内科にも精神科にも通ってなかった。

タイトルの由来を語っている記事はあるかと思ったんだが、はてなでは検索かけても何もなかった。FC2にはあるのかもしれないと思ったらなかった。

だから今さらだけど説明する。

 

大学時代はひとり暮らしをした。私は埼玉出身だが、大学は北海道だったので基本的に親の目はなかった。

実家を出た瞬間に酒浸り。まあ、親も酒飲みだからそこは何も言われないんだけど。

飲むのは大五郎のようなああいう焼酎。25°が4Lで1,980円みたいな。

芋?麦?興味なし。

日本酒は飲めません。日本酒だったら鬼ころしなんだろうか。

酒は辛い何かから逃れるためのものでしかなかったので、飲んでいて楽しいなどという感情はなかった。だからおカネをかける必要はなかった。強くないけどひとりでいくらでも飲めた。

リキュールは好きですけどね。これはバイト先の飲食店で覚えた。

よくやったのは500ml紙パック飲料を買い、隙間を焼酎で満たしてよく振り、ひと口飲み、隙間を焼酎で満たす。これを2、3回繰り返しているうちに酔っぱらいます。

バカな飲み方っていうかよくこんなの思いつくよなあ………。

それなのに31の誕生日直前まで10年以上毎晩飲酒。計算がおかしいという突っ込みは受け付けません。

前置きはこのへんまで。

うちの大学は北海道の右にあって非常に狭い世界でした。

コンビニ行ったらけっこうな頻度で酒*2を買っていて、しかもそういう時に限って知り合いと遭遇します。

「きょうもひとりで飲み会か?」とよく言われたのです。

 

これがブログタイトルの由来です。

いろいろ状況は変わって30の時膵炎になり、もう飲めなくなっちゃったんだけどね。

ここは膵炎になる直前に作りました。

 

*1:これ→starlights123.blog111.fc2.com/

*2:合同酒精のワリッカ