きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

Dr.ストップ

私は膵炎ですが、飲酒はいわゆるDr.ストップをかけられてない。

いや、あのね、内科の診察で飲酒に関する文言を引き出しちゃダメなの。

「酒は飲むの」

「飲みません」

この繰り返しで、勝った方が勝ちなのです。

自己申告だこんなもの。

え、アミラーゼが320で背中痛かったら飲みすぎだって?うるさいよ。

おれはさけとしんじゅうしてやるううう!

同僚らは

「というかそりゃ30かそこら(当時)の女の子がそこまで飲むとは普通思わないでしょ」

と言ってましたが。

 

林公一先生*1は「アルコール依存は否認の病気だ」とホームページで述べているけれど(うろ覚え。該当記事は膨大すぎてどこだかもうわからない)、その通りなのかもしれん。。。

ん?私はアルコール依存なのか?

精神科にはもちろん止められてない。

言ってないからね。

 

今回の記事はもちろん酒を飲みながら作成しております。

ヱビス(小)うまいなあ。

*1:精神科医。仮の名らしい