きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

39歳からの積分 私と高校数学

【前回までのあらすじ】

自作服の面積が正確にわかったら、正確な材料費が弾き出せるんじゃないかという考えで積分を身につけたい。

動機が不純すぎる?黙りなさい(笑)。

 

【本編】

その前に私の理系レベルの話でも。今回はこれで終わっちゃうのかもしれない。

ずーっとここを見ている方には「またか」となるでしょうが、そういう人がもしいたら飛ばしてください。

世の文系のみなさんは理系だったら理系科目を何でも理解していると思っているのかもしれないけど、そんなことはない!

どことは言わないが、東京のある私立農業系だったら入試に数学いらないし。

私の高校入学は1996年、大学入学は1999年です。従ってここでは20年以上前の話をしています。

食品学科を出て食品メーカーで検査員をしているが、数学なんて大学入試以降ほとんど使ってない。たまーに使うとしたら統計の標準偏差云々あたり。

大学入試だって微分積分は範囲外。

ただし、私は通っていた高校の履修の都合上理系科目は地学以外履修しています。

農学部志望なのに数学だってⅠ、Ⅱ、Ⅲ、A、B、C全部やった。

だから習ってはいるんだ・・・・・・・・・・・理解できなかったけど。

入試の範囲に微分積分が入ってないから最初から捨てたのか。カレと別れたショックで泣いていたから授業など一切頭に入ってなかったか、それとも教師の教え方が相当悪かったか。

全部だろうな。

 

次回、テキストを探しに行きます。