きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

食費

今年も9か月が過ぎた。現在10か月目を生きている。

家計データをどう考えるか。ていうか食費。

基本的に自分で作っている割には安く上がらない。どういうことだ。

 

2019年1か月あたりの食費は平均すると34887円。

外食も飲酒も含めます。中食もおやつも含めます。

しかし他人との飲み会は交際費という名目なのでここには含めない。

すると1日1100円くらい。ね、安くないでしょ。

別に食材にはこだわってない。

でも特売とかにもこだわってない。毎日スーパーへ行って、その日食べたいものを必要な分だけ買ってくる。

あー、だから安くならないんだ………………。

3食コンビニおにぎりにした方がよっぽども安い。飽きるに決まっているけど。

そして胃下垂だから3つ食べないとおなかいっぱいにならない。

おにぎり1個150円として3つ×3食……………これで済むわけがない。たまにはおやつだって食べたいんだからやっぱり自炊した方が安いのか。

そうだよ。

私が自炊する目的はこのブログでは散々言っているけど

工場で作ったやっすい惣菜を毎食食えるか!!!

というものだった。

惣菜工場の検査室で働いていたことがあったが、毎日毎日検査と称して製品50品くらい食うんだぞ。全然楽しくないんだこれが。

だから1日1000円でもまあいいのか。作るという工程も嫌いではないし。

そうなると節約が目的じゃないからこれでいいのか。そうか。

 

あれ、結論出ちゃった???