きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

素人洋裁2019

今年の作品。
3月に実家からミシンを呼んだ。

【ペコ】
f:id:starlights123:20190924001204j:plain
3月くらいに作った。
作品名はもちろんペコちゃんだ。
それにしても、キャラクターものは1メーター1,500円もする。
生地を買うときケチったら高さがぎりぎりになってしまった。
その結果B5のノートが少しだけはみ出てしまう。妥協した。

【ボディバッグ】
f:id:starlights123:20190921222214j:plain
5月の終わりに製作。
帆布は縫う時がたがたうるさい。ミシンが古いのかもしれないが。
私はバッグがでかいと必要のないものまで持ち歩く癖があるのだった。
だから小さいバッグにして最低限のものしか持ち歩かないようにした。
なかなか快適。
しかし汚れてきたから既製品のリュック買った。これも非常に快適だ。

【ワンピース】
f:id:starlights123:20190925143735j:plain
何度か挫折した。6月くらいに完成したが袖を通したのは9月。
エレガントなドレスの本で恐竜さんを作ってはいけないのでした………………。

【夏のブラウス】
f:id:starlights123:20191028114731j:plain
水色の生地なので「恋はみずいろ」を聴きながらボタン付けをする。

【シャツ1】
画像はないけど夏の終わりにちょうど良いような、ダブルガーゼのシャツを作った。
切れっ端をリカちゃんに巻いたら傑作が出来上がってしまった。
f:id:starlights123:20191011195157j:plain
リカちゃんに関してはこれ以上のものが思い付かない。

【シャツ2】
f:id:starlights123:20190925144017j:plain
これも独立記事あり。
ボタンをカラフルにして小さい子が寄ってきそうな感じにした。
現実には周りに小さい子寄って来ないけど、そういうイメージということで。

【シャツ3】
f:id:starlights123:20190925144100j:plain
秋用なのにピンクの花柄。やっちまった。
黄色にしたら既製品っぽかったかなあ。
襟とカフスは別布だが、1回「歯茎色だ」と思ったらもうそうとしか思えないのね。
本当は前見返しも別布にしたかった。
私にそこまでの腕はない。

【バッグ】
10~11月に制作。ペコちゃんは寝かせることにした。
生地もぺらんぺらんだし、キルティングの方が秋にはいいんじゃないと思った。
寝ぼけて作ったので寸法を間違えた。ペコちゃんとまったく同じ形にしたかったのに、これだ。
しかもユザワヤで安かったからって、いちご柄だ。私はいちご食べるの嫌いだしだいたい今は旬なのか?冬のイメージもなくはないけどハウスで栽培するから関係ないのかな。うーん、よくわからない。
そして裏布は夏に作ったシャツと同じもの。大量に余ったから活用してみた。
非常に無茶苦茶な作品に仕上がりました。

なんだ、これしか作ってないのか………………。