きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

派遣会社と面談2019冬

もうすぐ契約更新の季節。

仕事帰りに派遣会社のオフィスにお邪魔した。

担当営業に近況をざくっと話す。いろいろあったけど、もう不満とかどうでもいいという心境になった。

次は同一労働同一賃金の話。4月に法改正があるようで。

よく知らないので簡単に説明してもらう。

メリットはいろいろあるけど交通費支払われるようになるのか………。

現状では基本的に派遣社員に交通費は支払われません。

「上限で3万円です。派遣先に請求します」

「待ってください。それじゃ交通費かからない未経験者と交通費3万円のベテランどっちを採用するんですか」

営業絶句。

さて。

派遣先企業にとっては賃金が上がって予算を圧迫するなど弊害もあるという説明を受ける。

「あなたがどうとかその就業先がどうとかではなく、世の動きとして年度末で派遣切りにあう可能性はあります」

そりゃあそうだろうなあ。交通費払うとなったら契約社員と何が違うのか。

検査の腕一本でふらふら生きると決めたけど、これはもう、本当に実力がなかったら生き残れないじゃん。

いかん、私には企業がカネ出したいと思えるほどの実力が備わっているのかね。

まあ、派遣って本来そういうものだけど。

ここで営業からひとこと。

「もし今の就業先で派遣切りにあっても、うちとしてはなつみさんのことは絶対に手放しません」

だそうです。今の就業先に何かあっても次は紹介するという話をされました。

 

取り敢えず今の就業先とは契約更新します。