きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

大塚国際美術館2

どうも。
11時に到着。
バスを降りてエントランスに入ると長い長いエスカレーター。
そこから参加自由のガイドツアーがあるというのでついていってみる。
最後の晩餐など有名な絵画数点の説明を受ける。

ただしこの美術館の所蔵品はすべて陶器に復元した偽物です。

ツアーは30分くらいで終了。
弁当を受けとり食べる。不味い。

16:10まで自由時間。
それにしても………………キリスト教とか聖書の知識がないので鑑賞していて厳しい。
美術詳しくないけど、この美術館で必要な予備知識は美術よりも聖書なのではないか。
「世界一ゆるい聖書入門」あたりをちゃんと読んでから鑑賞に臨めばよかった。心の底からそう思う。持ってたけど1年前に流し読みだからもう覚えてない。
古代、中世とキリストの磔ばかりだ。10枚はあった。フランダースの犬に出てくる絵まで磔だ。
ヴィーナスの絵は5枚くらいあったが誰が描いても貧乳だ。貧乳の私よろこぶ。
方向がけしからん方向にずれるが楽しみ方など人それぞれ。

個人的には近代の作品が好き。
ルネサンスまではあまりにも宗教画が多すぎる。
途中疲れたので喫茶店でこんなセットを頼んだ。
焼き印はムンクの叫び。
だめだ、私は水曜どうでしょうファンなのであの叫んでる人をどうしても「ムンクさん」と呼んでしまう。
f:id:starlights123:20191210064218j:plain

それにしても、ここは大塚製薬の運営する美術館である。
館内の自販機で売っているのはもちろんポカリスエットとオロナミンCだ。
ポカリスエット買って飲み飲み回る。
ということはこの喫茶店のカレーはボンカレーなんでしょうか。売店ではボンカレー売ってた。

私が最も気に入ったのはモネのラ ジャポネーズ。
美術の素養がないので有名な絵画だということを全く知らなかった。
何に惹かれたのだろう。うーん。偽物だから迫力が、とかではないよなあ。色かなあ。

そんなことをしているうちに出発時刻がやってくる。
お土産はクッキーと鯖缶。
モネの絵のポストカードがあったらほしかったけど、売ってなかった。

旅行は帰るまでが旅行。次回はひとり飲み会大阪編。