きょうのひとり飲み会

太く短くふわふわと

料理ができない

私はいつも思うのですが、料理ができないってどういうことなんでしょうか。

わりと生命に直結する話なのに。

この話は女が責められがちだけど、性別は関係ないでしょう。

また、検索すると「料理できなかったら結婚できない(特に女性)」的な見出しも散見されますが、料理は結婚の道具ではない。

女性だけに料理を求めるなら、それは結婚ではなくて結婚という形で家政婦をもうけるって感覚じゃないんですか。無意識だと思うけど。

 

とはいえ私だって火を起こすとか、釜で飯を炊くとか、魚をさばく、なんてことはできない。だしだって顆粒だ。だしのもとは便利だ。

魚はあじだったら、レシピを見れば、やれますけどね。

そこは文明の力借りまくりです。

こう書いているけど、私は別に料理は上手ではないし、偏食だし、おかずはワンパターンです。

10年以上ひとり暮らしをしているが、魚をグリルで焼いたこともない。

煮物も作らなくて、ひたすら揚げ物。

ポテトフライ、酢豚、から揚げ、てんぷら、フライが良く出る。

 

私は自分のことは

「自炊するけど料理はできない」

と思ってます。本当に。

定義が難しいよね。

仕事柄栄養士と知り合うことが多いけど、彼らの持参する弁当は本当にうまそう。彩りもバランスも良い。

年末になるとおせちの話になるが、「いくらをほぐして作る」ところから始まる。

そこと比べてしまうから「私は料理できないなあ、うーーーーん」となってしまう。

でも、世間の定義とは多分違う。

 

何で料理ができないか、という原因は「今までの人生でする必要がなかったから」なんだとしか思えない。

理由はいろいろでしょうけど、最も多いのは「親などの家族がやってくれた(母親とは限らない)」だろうなあ。

うちの親の話ですが、母は28で結婚まで実家にいて、同居する私の祖母や私のおばが料理がうまかったし自分が料理する必要がなかった。

それに対して父は18から33までひとり暮らし。

食事代わりにチキンラーメンをそのままかじったとも言っていた。

新婚の頃は父が母に料理を教えたと聞いている。

だから父も料理はできるけど、普段はしない。

母が3日くらい旅に出たら自分で料理している。食べ物に対する金銭感覚もあると思う。

というわけで、昔から必要に迫られなかったら料理なんてしなくても生きていける世の中になっているんだと思う。

私の元同僚は独身時代は料理をしなかったけど、結婚したら料理をするようになった。

この人の場合はできないというより「できるけどしなかった」といった方が正しいのかもしれない。

そう、しないのとできないのでは天と地ほどの差があると思う。

私の周りにはたまに

「この人、お勉強さえできれば親は何も言わなかったんだろうなあ」

という育ちの人もいて、それでは料理は最優先項目ではないだろうねえ、と思うこともある。

 

私が今回話題にしたいのは「できないってどういうことなんだろう」ということ。

でもこの文章は何を言いたいのか、ぜーんぜんまとまってない。

 

私は基本的なこと(ごはん、味噌汁、簡単なおかず)は小学生のうちにできていた。

母もパートに出ていたから家事を手伝う必要に迫られていたこともあるし、よく

「進学でも結婚でもいずれこの家を出ていくんだから最低限のことはしつけたもん」

と言っていたからだと思っていた。

けど、それは母を支配する

「私は料理ができない」

という呪いが反映されているのかもしれないと今思った。

簡単に考える

食品会社の理化学検査の話。

単一の項目だけ検査していればよいというものではない。

いくつもの項目を組み合わせているので処理しているので、実は頭を使う。

例えばこんな感じ。

粘度(機械)、pH(機械) 、Brix(機械)、酸度滴定(手分析)があるとする。

粘度は温度を調整して機会にセット、1サンプル処理するのに数分かかるからその間にpHとBrix、酸度滴定、官能検査を行う。

これが工場の品管だと結果が出ないと生産がスタートできないので、サンプルが来たら早急に結果を出し、隙間時間に官能検査をこなして、、、、、

 

実際には機械がいくつもあったりするから処理時間を考えて予定を組んでいかなくてはいけない。

開発の検査だったら予定はあらかじめわかっている場合もあるし、品管だったら朝検査室に届いているサンプルの種類や量を見て判断している。

また、

製造開始前に現場から来ているもの→酸度、pH、官能検査

製造開始時と同一のタンクからとっているが商品名が違う、容器の種類が違うもの(1000ml→500mlに変更になっているけどタンクは同じ)→官能検査のみ

という感じで同じ製品名でも検査項目が違うことはよくある。

それに加えて工場の品管だといつ来るかわからない現場からのサンプルを優先しなきゃいけないので予定を修正しながら進めていかなくてはならん。

ひとつひとつの項目は確かに単純なんですけど、頭使うんです。

 

前置きが長くなりました。

上述のような感じで作業に当たっているので、社員が

「あ、検査やってるの。じゃあこれもお願い」

と突然言ってきた日には殺意が湧きます。

こっちは出勤前からイメージトレーニングだってしているのですよ。

殴ってもいいですか。

以前の職場は開発がそこのところとても簡単に考えていて

「何でこんなこともすぐにできないの」

「日々の検査や現場からの依頼もあるのにこんな大量のサンプルを急いで捌けっていう方が無理」

と返して険悪になったことがある。

その時は開発から異動になった人が間に入って、開発を何とか説得してくれた。

 

他人の仕事を簡単に考えない方がいいですよ。という話でした。

TEAM NACSのマスターピース

パソコンとテレビをつなぎたい話の続き。

そしてTEAM NACSの舞台マスターピースの感想でも。

 

実家に用があって帰る日に舞台の配信があったので、テレビとパソコンをつないで大画面でみようと思った。

大画面って何インチですか?と言われても具体的にわかりませんが。。。

つなぎ方は結局、HDMIケーブルでつなぐという単純かつ単純な方法になりました。

f:id:starlights123:20210611062039j:plain

実家にパソコンを運ぶのは大変でした。

でかいノートをぷちぷちで梱包して風呂敷に包んで電車で移動。二度とやらん。

 

近所のいとこも呼んだ。

「脚本とかどうしているの」

「もう自分たちでは書いてないよ」

「そうだよね、忙しいもんねえ。演出マギーかあ(期待)」

 

で、舞台の感想をざっくり。

配信の前は特典映像を30分強流していたのですが、今回の舞台で訪れた土地の映像を流しつつ5人のオフに密着という内容。

これだけでおなかいっぱい。

さて、舞台。

松本で1回見ているので配信は2回目です。

公式が出しているあらすじ以外の情報は目にしない状態で臨む。

私は女中が出てきたところで笑いました。

男5人の劇団で、女中が5人………。

割と最初から笑っていた。大爆笑はないけど、喜劇なので笑いっぱなし。

しかもラブストーリーなんだぞこれ!!!

途中途中寝ながら見ていた母は言った。いいですか、これは寝言です。

「ヤスケンきもっ」

たった今、全国………いや世界中の子ナックス*1を敵に回したような気がするが、今回のヒロインは安田顕さんです。

松本は4階席だったので細かい表情までは見れてなかったんですね。だからそこまでわからなかった。

配信ではアップなので、見ていると確かにちょっとアレだ。

安田顕の役名が何であきちゃんなのか、終わってしばらくしてから気が付いた。

 

感想ここまで。えっ!

 

私個人の話ですが、生の舞台は宝塚を3回くらいしか経験がなかった。

TEAM NACSは初めて。取れると思ってないから今まで取ろうとしたこともなかったし。

マスコミが「日本一チケットが取れない劇団」とか言ったらますます取れない気がしてしまう。

しかし、地方は即完売といった状況ではなさそうだった。

松本や新潟は一般発売からしばらく経っても売っていたので、ちょうどGWということもあって気持ちが揺らいだ。松本1日目を持っていたので2枚目は買わなかったけど。

個人的に映画でも何でも2時間集中するのが難しいので、軽い感じで笑いながら見るというのは合っていたような。

号泣するとか感動するとか何かを考えさせられるとかいう類の内容ではないと思う。

けれど松本で見終わったときに「もう1回見たいなあ」と思ったし、東京公演のチケットを………興味本位で探してみたけど高値で売買されておりました。

この時にはもうライブビューイングは売り切れていたのでネット配信はありがたかったです。

 

次は何年後なんだろう。

きっと喜劇ではないと思うけど、また見に行きたいです。

*1:子ナックス:TEAM NACSファンのこと。

水曜どうでしょうジャングルリベンジで大泉洋がファンのことを「僕の子猫ちゃん」といったことでこうなった

うーん、うーん

私の誕生日にPerfumeのライブが開催されます。

が。


・ファンクラブ限定
・チケット14,000円もする



ムリ。
Perfumeを好きになってから10年以上が過ぎますが、いまだにファンクラブ入ってない。
そこまで熱心ではない。
入会費と年会費で6,000円くらい飛ぶ。
これで当たったら計2万円だ。
チケットが9,000円だったら抽選申し込んだのに。
確実に手に入るかわからないチケットのために6,000円………。
行きたいけど手に入る気がしないんだよなあ。
それでセットリストが外れだったら泣く。
会場ではグッズの誘惑が待っているかもしれない。
ますますおカネが。。。


うーん、うーん。

埼玉だと思うんだけど………

・行ったことのない県

・行くことはなさそうな県

 

このふたつ、何で1位が埼玉県じゃないんだろうと思うことはある。

だって、本当に何もないです。海もないし。

観光地は川越と秩父くらいしか。

あー、さいたまスーパーアリーナでライブ参戦で訪れる、はありそうだな。

そういえば千葉県内かどこかの路線バスに乗ったらさいたま市内に行けるバスの宣伝やってた。

もしくは千葉や神奈川の人で東北や北陸が故郷の人は大宮から新幹線に乗るかもしれない。

そう考えると意外と埼玉県の南側は需要があるのか。

 

でも、行くことのなさそうな県はやっぱり1位だと思うんだけど。。。

どこまで残業できるか

とある企業と派遣の面接。2006年くらい。

「残業は何時まで対応できます?」

「終電までなら」

「それは何時ですか」

「11時過ぎです」

「ちょっと早いなあ………」

ちゃんと覚えてないが、始業は朝の9時前後。

もちろん落とされた。

 

この会社は残業代のことを考えてないのか?

うーん、正社員は洗脳次第で残業代0円で行けると思うけど、派遣には残業代ちゃんと払わないとモメますよ。

時給1400円で月に20日稼働、残業は5時間とすると非正規をもうひとり雇える金額になってしまうぞ。

ひとりに限界まで負荷をかけて、使えなくなったら捨てるという考え方なんでしょう。

よほどのバカじゃない限り、初回の契約更新で逃げられるだけなんじゃないの(直雇用しない会社にどうやって忠誠を誓うというのでしょうか)。

食べたいものを作る

月に1回、精神科受診のため実家に帰っている。

今の職場は土日が休みなので金曜に帰って、土曜に泊まり、日曜に神奈川へ帰っている。

金曜は仕事の後そのまま帰っているので途中で外食のこともあれば実家で残り物を軽く食べたりする。

今回のメインは土曜日の話。

午前は診察。帰りにスーパーへ寄り夕食の食材を購入して帰る。

私のアパートには電子レンジ系の家電がない。もちろんオーブンレンジもない。

自炊するのに持ってない。ていうか部屋が小さすぎてそんなもの置けるスペースもない。

なので、グラタンやピザなどは実家のオーブンを使わないと作れない。

オーブンを使うレシピをやってみたい、と何回か言っているうちにいつの間にか夕食は私が担当することになった。

オーブンではないけど、最近はSNSで話題の料理のおにいさんのレシピをいくつか作った。

母がうまいと言うのでLINEに動画のアドレスを貼り付けた。

「なんだあ、リュウジか」という返事が来たのがかなり意外だった。「この人飲むんだよなあ」とも言っている。

かあちゃん知ってるのかよ………。時々見ながら作っているらしい。私よりデジタル使いこなしてるじゃん。

 

そういうわけで実家に帰っても私が夕食を作っている。

おかずの基準は「私が食べたいもの」だ。

次は何作ろうかな。

他人の生活

正社員が発熱したのに出社しやがった。

冒頭から悪意のある表現を用います。

 

数時間仕事をして(職場に滞在して)上長に返された模様。

返されるまでの経緯を私は知りません。

結局、この人はPCRを受けるには至らなかった。発熱は一時的なものだったようです。

仮にこの人が陽性だったら事業所は閉鎖になる。

もちろん全員自宅待機だ。

その間の収入は?

閉鎖になった瞬間契約も終了、となったら法に触れるのでさすがにそれはないと思うが。

あ、決められた額を渡せばいいんだっけ?それは直接雇用者の話?

それを回避できたところで契約期間も休業補償あるかどうか怪しい。

派遣の私は、自分が陰性でも陽性でも失業するだろう。

今日起きたら熱があったので休んで検査を受けたら陽性だった、というならまだ許せる。

しかし今回はわかってて出勤したわけですよ。

出社できなくても在宅で様子見るとかできたはずなんですよ。

これで私に対して自宅待機してください、その間は有給使えもしくは休業補償はありません、とかいうことになったら暴れる。派遣会社通して抗議はする。

この人たちに他人の生活を壊している自覚はないでしょう。

超大手企業勤務の優等生、人生を踏み外したことのない人は非正規の生活など想像したことはないと思います。

ヨドバシカメラ

もしも、ピアノが弾けたなら。
f:id:starlights123:20210527171907j:plain

簡単な譜面を読めた時期もあったが、ピアノは弾けない。
じゃあ何なら弾けるんだ。

ヨドバシカメラへ行った。
ひとり暮らしだと家電を見に行くのは楽しいですね。
家具ならニトリとか、雑貨ならロフトなんかも。
買わないけど。えっ。

HDMIケーブルがほしくて、まだ買ってないけど、他のものも見たくなる。
そろそろスマホも機種変かなあ。
でもドコモの料金とか契約プランが複雑すぎてようわからん。
腕時計は……1本あるからいいや。これはあんまり興味がない。
美容家電はもっと興味ないなあ。フィットネス器具もだ。
小さいテレビは、迷う。別になくても生きてきたけど。
ちっちゃくても数万円しますからね。
そんなカネあったら新しいパソコン買うかなあ。
で、パソコン。見ているとノートでもデスクトップでもかまわないから一瞬だけはほしくなる。
しかしそんなカネはないし、今使っているのも3年くらいしか使ってない……と思う。
そしておもちゃ。
ジグソーパズルを見る。
JALかANAの飛行機特大パズルとかあったら私は買うのだけどなあ。
待て、工業地帯の夜景で挫折したのだから、飛行機の機体は白地獄だと思うよ。
シルバニアファミリーは先日記事にしたのでそちらもどうぞ。
私はリカちゃんが気になる。
今の部屋にあるのはヨドバシカメラで買った…………違う、お連れしたのは2年前の話だがいまだにお洋服を作ってない。
母が2着編んでくれたが。掛け布団まで編んでくれたのに私はまだ何もしていない。
31アイスクリームのユニフォーム…………買わないぞ。
プラレールもちらっと見る。
いとこの孫が4か5歳の頃与えたのはよい思い出。
はやぶさをねだられておもちゃ屋巡りしたなあ。
「ありがとう」を言えるようになったとか言って喜んだ覚えはある。
その子ももう4年生、あつ森なんかで遊んでいるらしい。
あ、ガンプラ見てくるの忘れた。

ワクチン接種

周囲ではいろいろ言ってますけど、私個人は関心がない。

でもまあ、都合がつけば打っておくかあ、くらいにしか思ってない。

 

通院のため実家に帰ったらちょうど案内が………父の分しかない。

あれ、母のは?高齢者じゃないの?

どうも、こういうことだったらしい。

名簿作成時点で父→74歳、母→69歳。

この自治体では70歳を線引きの基準にしていたようです。

ところで、実家の近所のおじ(90)とおば(90)にも案内はやってきた。

私の実家と自治体は同じです。

50代の娘が予約するのだが、おじの分しか予約しなかった。

あれ?

実はおじは認知症に足を踏み入れていた。おばのコメントは以下の通り。

「じいじで様子見る」

うわあ、ひどいなあ(棒)。

でもこのおじはボケる前の日頃の行いが非常に悪いのでみんなこのコメントに爆笑。

 

うちは父の分は予約した。私が。

私が帰宅した後で母の案内が届いたようです。どうするかは聞いてません。

健康状態321

3月の終わりに腸炎になったとか何とか騒ぎましたが、特に何もしてないけど落ち着いた。

その頃は家事と言ったら洗濯しかしていなかった。

炊事はちょっとできなかった。

何か起こったわけではないけど、精神的にだいぶやられてのかもしれない。

 

休日に部屋を掃除した。

私は掃除はそれほど好きでも得意でもない。

うっかりすると散らかってしまう。でもそれは整頓の話か。

10時くらいに起きる。

冬は冬眠とばかりに22時に寝て無理やり18時に起きるとか、本当にやる。

でももう夏も近い、10時過ぎに無理なく起きれる。

晴れていたので布団を干す。片面1時間。

その間にエアコンの上部を拭く。シーツ洗う。

いつもはクイックルワイパーで床を掃除するのだけど、いらなくなったタオルをぞうきんにして手で床を拭く。

仕上がりが全然違う。特にキッチン回り。さっぱりした。

そうか、もっと早くこうしていればよかったのか。

 

そして、自炊も再開した。自然にできるようになった。

弁当も持参できるようになった。

やけくそ油壷

神奈川にいるからには油壷に行きたいと思っていた。

この表現はおかしいような気もするが、1年半くらい前の記事でもそう言っている。

starlights123.hatenablog.com

 

何で油壷に行きたいと思ったのかはわからない。

地名がインパクトあるからかもしれない。油田とは違うのかな。

 

ところで、油壷マリンパークは閉館するそうですね。

行かなくては。

有給を取った。本当は面接に行きたかったのだが条件が噛み合わなくて、流れた。

横浜駅の金券ショップで割引券を購入する。

正規の入場料は1800円だが、半額になる割引券を300円で買ったので、1200円で入場できた。ややこしいですね。

横浜から京急に乗り、三崎口からはバスに乗る。

マリンパークは非常に小さく、1時間半くらいで1周した。

曇っていて海の向こうは何も見えず。

混雑はしていなかった。

かわうそばかり見ていた。

f:id:starlights123:20210527170245j:plain

京急が親会社なので小さい子向けの乗り物も京急の車両を模したものだった。

f:id:starlights123:20210527170202j:plain

閉園関係なく2度目があるかと言われると、うーんという感じではありますが。

入場料1800円はちょっとなあ。。。 

読者の目的

この話は何度もしているけど、アクセス解析の話です。

はてなのアクセス解析によると、ブログ村経由が最も多く、次にグーグル、yahoo!と続きます。

ここではその3つについて。

ブログ村経由は最新の記事にアクセスされることが多いですね。

ランキングに登録していますが、そこには最新の記事5つがリンクされているので、そこから来ていただいているのでしょうか。

グーグルとyahoo!は検索ワードがわかりませんが(はてなにそこまでの機能はない)、

食品工場従業員のための欠勤理由

がダントツです。グーグル、yahoo!経由の3割はこの記事です。

公開から1年半以上が経過していますが、アクセス数においてこれを上回る記事はありません。

その割にコメントがまったくありませんが、みなさんどういう目的なんだろう。

おい、これ、悪用するなよ?

次に多いのは

テンプスタッフとWDB

ですね。これは2割くらい。

私のブログは半数が仕事の記事目的だということか。けっこううれしいぞ。

検索ワードの組み合わせによっては1ページ目に来てしまうのか、今知った。

だとするとテンプスタッフもWDBも本体がここを見ている確率は高いなあ。とすると、どちらにも私の正体はバレているかもしれない(笑)。

テンプはともかくWDBに関しては悪口しか述べてないですね、はい。でもあの研修に関する記事は取り下げません。 

ここに記述しているのはあくまでも一個人の感想なのであまり真に受けないように。

でもあんまり情報がないのかしら。参考になっているんだかいないんだか。

あとはどこを経由していても、アクセスする記事は分散しています。

派遣会社の営業

【おことわり】

2021.6.12 ちょっと修正した

 

【本文ここから】

派遣会社じゃなくて担当営業の話。

といっても、私はテンプスタッフ、WDB、パソナ、RDサポートしか知らん。

これを多いとみるかどうか。

どの営業がいいかはその人の所属する派遣会社の考え方もあるんでしょうが、個人の資質の問題のような気もする。

あとはまあ、今回の話は私の主観が相当入ります。だから異論はあると思います。

 

というわけで、無理やり順位をつけるなら1位はテンプ。

ここは一般事務から理系まで、オールジャンル扱っているのではないでしょうか。

大手なので派遣の経験がなくても名前は聞いたことがあるかもしれません。

私が最も長かったのはテンプだということもあるのですが。稼働したのはだいたい4~5年くらい。就業は4社。

長い間には営業も異動になるし、私も派遣先が変わったりして5~6人くらいは関わっていると思う。

でも人によってどうこう、というのはなかった気がする。

以下、打ち消した部分は後から読んだら蛇足というか本筋と関係なかった。

担当が変わるのはあくまでも異動なので就業エリアが変わった時に

「以前は××さんが担当でした」

と伝えたら

「××は知ってます。研修で指導してもらいました」

などと返ってきてびっくりだ。

テンプだけはトラブルもなく終了しているのでこの中で順位をつけるとしたら1位はテンプかなあ………。

2位はRDサポート。

ここは食品会社や香料会社で実験をするのがメインの派遣会社です。

最も力を入れているのは栄養士かもしれない。

関東と関西の一部が営業エリアみたいなので一般の知名度はないと思う。

特に可も不可もない感じだけど、私が体調不良になった際に頼もしかったので2位。

3位がパソナ。

パソナも大手なので名前を聞いたことがある人もいると思います。

これも可もなく不可もない。ここが最も普通なんだろうな、という基準です。主観なんだけど。満足度はまた別の話ね。

まだ就業も浅いので判断しきれない。

このへんは異論のある人もいると思うけど、あくまでも私の主観なので。

4位はWDB。

食品の検査員とか、化学工場で分析とか、実験系です。

ここを読んでくださる方はまったく聞いたこともないでしょうけど、このジャンルでは最大派閥なんじゃないでしょうか。

あー、でも「テンプスタッフとWDB」という記事はいまだにアクセス数がよいので知っている人は知っているか。

で、営業。面接で就業先が親の職業を聞くのは百歩譲って許すから、制止しなさいよ。

会社の方針なんだろうけど、毎月訪問に来なくていいです。 

 

テンプスタッフの営業からは「我々は実は理系出身ではないんです」と言われたことがある。

あでも入職して「話が違う」と思ったことはない。

WDBは話していて営業もコーディネーターもみんな理系出身なんだなあ、とわかる。

「学生時代はHPLCやってたんでわかります」

「確かにGCは私も苦手」

と言っているあたりが。

RD、パソナの営業とバックグラウンドの話になったことはない。特に違和感はない。

 

個人的にはいい営業なら理系出身でなくてもいいと思うんだけど………。

理系技術者を商品として扱っているからって、営業まで理系出身じゃなきゃいけないという理屈にはならないよなあ。

WDBはそこをわかっていないのではないでしょうか。

 

終わり。今回は内容がかなり偏っているんですが、そういう日もあるということで。