きょうのひとり飲み会

太く短くふわふわと

躁うつサイクルとお仕事

正社員にならなければいけないと思うのは強迫観念のような気がする。

働いている限り食うには困らない。時給は1,500円くらい、手取り20万円前後なので多くはないけど、ひとり暮らしならこれで充分でしょう。

ただ、健康状態的な意味で続かないことが多い。

それに派遣だからいつか契約が切れるけど、特殊技能と実務経験があるのでそこまで苦戦していない。

 

しかし、独身で派遣で働いているとやはり「正社員にならないと正しい人生ではないような」気がしてしまうのです。

正しくない何かと比べているんでしょうけど、それが何かは本人はよくわかりません。

だから正社員案件に応募してしまうのですね。

何十社もあったら採用してくれる企業もあります。

(この時は)めでたく派遣を辞める。

このあたりが躁なのかもしれませんが、自覚なし。

 

うつ病サイクルは間もなくやって来るのでした。

私が業務をこなしきれません。

会社側が振ってくる業務の量も質もむちゃくちゃなのかもしれませんが、この時も自覚はないです。

今年、このサイクルに見事にはまりましたが

・後から振り返ったもの

・進行形

の本人の感覚が全然違うんですね。

ここの過去記事を読んでいると5月にはぶっ壊れる予兆があったのですが、本人は7月にぶっ壊れたと思っている。

 

このサイクルを何回か繰り返しているので、私と近い人は

「正社員だけが働く道じゃない」

ということを説きます。その時は。

 

はい、冒頭に戻りましょう。

悪魔の肉鍋

悪魔の肉鍋はネットで話題になっていたので気になっていた鍋スープです。

販売者はモランボン。

近所のスーパーには売ってなさそうだったのでウエルシアの通販で買うことにした。

Tポイント1,000ポイントくらい使ったのでそこまで出費はなかった。

ケース買いです。1ケースに10個入っています。

 

初めて買うので未知の味です。

母は怪しいものを探るような態度です。

「どんな味なの」

「…………………知らない。まずかったらなつみが全部もらう」

「でもモランボンなら外れはないよね」

 

それにしても、スープに何を入れたらいいのかわからない。

包材にいろいろ書いているのでそれに倣ってみる。

具はキャベツと書いてあるけど白菜があったのでそれも入れた。

あとはにら、ぶなしめじ、えのき、肉、もやしなど入れる。

普段はマロニー入れるけど、今回は入れなかった。

 

食べた感想ですが、非常においしかったです。

弟は「にんにくをスライスして入れたい」と言っていましたが、父が翌日外出するのでそれはやめました。

〆はご飯よりもらーめんのほうが合うような気がします。

 

後日、鍋ではなくゆでた麺を入れてらーめんにしてみました。

らーめんだと3人分のスープが取れます。

これも美味。紅しょうがが合うと思います。

需要と供給・派遣編

私は食品メーカーで品質管理とか検査とかやってきた。

雇用形態はいろいろ。今回は派遣に限った話をします。

 

 

私が体調を崩さない限り、過去の就業先からの評価は悪くなかった。

契約更新してくれるしな。辞める時も多少抵抗されたりするし。屈しないけど。

直雇用どうよ、と言われたことも何度かあるよ。超大手だから制度上契約社員だけど。

しかし…………私はこう思うのでした。

 

 

この程度の検査員つなぎとめるのに必死だな、あんたら。

 

 

 

 

需要に対して供給が追い付かないのか?とは思う。

まあ、その需要もそんなに多くないけど。

パートだったら採用してから育てることも考えるでしょうけど、派遣は即戦力が要求されるもんね。

そうじゃなかったら

「あの人私たちより高い時給なのに仕事できないなんて納得行かない」

と言われますもん。

実際、食品メーカーのパートは入社時に専門的な知識のない人も多い。

そうなると最初から手技を持っている人なんて相当限られるんじゃないだろうか。

農学系統の手技教えるなんて専門学校か短大か大学くらいしかないよなあ。

筆者は普通科出身なので農業高校も含んでいいのかどうかちょっとわからない。

そうなると新卒時に基礎的な手技を持っている人自体限られる。

大卒だったら実験の腕はあっても正社員で採用されるだろうから実験やれる人などますます少なくなってしまう。

よほど小さい会社じゃなかったら検査は正社員のやることではないからね。

じゃあやっぱり派遣で実務経験がある人は少ないのか。ということになる。

 

 

繰り返しになるけど、派遣で検査できる人ってやっぱり少ないんだろうなあ。

こんな社会人失格のような人間でも高評価だもん………。

 

 

 

たまにまじめにやろうとすると頭がバラバラになりそうになるな(笑)。

自主返納2

母が免許の自主返納をするかどうか迷った話。

 

結論:先延ばし

 

 

免許の更新の前に高齢者講習を受けなくてはならん。 

高齢者講習の専用電話はナビダイヤルだった。

「なっちゃん………つながらない」

つながるまでかける。かけなきゃ話が進まない。

コンサートのチケット発売初日のような気持ちになる。

なかなかつながらない。回線1本しかないのか?

10分くらい格闘して、つながったので母と代わる。

 

少し離れた場所にいたが、母の声が聞こえてくる。

「自宅は某所から歩いて何分で………当日はやっぱり乗るんですか…………迷ってるんです」

などと言っている。

 

先に結論を言えかあちゃん。

この期に及んでまだ迷うか。

係の人も慣れているんだろうけどこんな話に付き合わされて大変だ………。

 

 

 

10分くらいで話は終了。

母が言うには

・他の人もけっこう迷っている

・70歳、75歳が最も迷う

らしい。

講習会は2か月先に変更した。

要は先延ばしです。

カレンダー2021

欲しいカレンダーがある。

うちはドアスコープ隠しにもしているので、でかい壁掛けがほしい。

しかも、冬は結露がひどいのでそれに耐えられるものがほしい。

 

毎年買っているカレンダーの販売の告知がない。

10月の中旬に公式から何もないってことは作ってないとか売らないということなんだろうか。

紙はつるつるしていて結露にも一応耐えられるのだけどねえ。よれよれにはなっちゃうけど。

FACTORY STYLEというカレンダーで、内容は工場夜景です。

 

 

うーん、困ったな。

ドアスコープ隠し兼インテリアとして何かないか。

今まで買ったものは、サンリオのマイメロ。。。。

かわいいけど紙が結露に耐えられるか?

興味があるのは東急ハンズの実物大マンホールカレンダーだが、でかすぎる。直径60㎝くらいあったはず。

フジフィルムでオーダーもいい。でもネット通販なので紙の質感がわからん。

昔は自分で印刷するキットを買ったのだけど紙の質感がわからん。。。

 

 

困っていたのですが、毎年買っているカレンダーは10月21日に発売になりました。

発売日に告知が出た。

遅いよもう~。

世界史

高校時代、もちろん履修しましたよ。授業は寝てたけど。

一夜漬けというか丸暗記はそこそこ得意だし、当時は理系に進学するなどとは思っていなかったので文系科目で点数を稼ぐしかなかったのです。だから点数は取れていた。

でも興味はなかったと思う。今となってはほとんど忘れたし、寝てたくらいだし。

 

世界史の本を買った。

何でなのかというと過去記事でも述べたのですが、そろそろ葬式の際の宗教を決めておく必要があるのではないか。

そう思っていたところtwitterで上馬キリスト教会さんというアカウントをフォローし始め、彼らが最近キリスト教や聖書をかみ砕いた本を出版したのでざっと読んでみた。

読みやすいし面白いんだけどこれだけでは理解できないです。

復活とかあるのに聖書は歴史書という概念がどうもよくわからん。

私がノンクリスチャンだからというのが理由の大半なんでしょうけど、世界史の教科書に言及する箇所が何か所かあって世界史をやらないとまずいのか?と思うに至る。

次に世界の宗教の本を買ってきてざっと読んだのだがやっぱり世界史の素養がなかったら無理そう。

そういうわけで書店で目が合った書籍を購入。 

けっこう分厚いので1日1章の精神で読み進めることにした。

第1章古代ヨーロッパのあたりでキリストや宗教が出てくるのだが、現在無宗教派なのでどうもなじみがない。

どう頑張っても第2章中東までしか読めない。

止まった。この後インド、中国と続くのだが挫折した。というかあまり興味がない。

 

2ヶ月放置。

 

挫折したが読みたい気持ちに変わりはない。

邪道だがインドと中東は飛ばす。

興味がある章から読むことにした。大航海時代くらいから読む。

 

なんだこれ、お  も  し  ろ  い  ぞ 。

 

細かいことは覚えられないが、どんどん読める。

第二次世界大戦まで一気に読めた。

世界恐慌のあたりなどは、何ていうか腑に落ちる感じ。点と点が結ばった様な気持ちになる。

年表がもう少し詳しいとよかったかもしれない。

 

歴史に興味はないけど日本史編買っちゃおうかな。

今月の装苑表紙はPerfumeです。

装苑はファッション雑誌。

今月の表紙はPerfume。

本屋へ入ってから思い出す。

相変わらずやる気はない。 


今更ですが、ばらぱら立ち読み。

えっ!

表紙の衣装の製図が載ってる。

何というサービス。びっくりだ。俺得ってやつだ。

好みのデザインではないが………………。

他の衣装は材料が一般人には入手できないとか*1そういうことか?

装苑読者なら服飾の専門学校生いそうなもんだが。

まあ、かこみ製図だから私のレベル*2では難しいんだけどね。


だから本は買わず。

私は本当にファンなんだろうか。。。

*1:一般向けに売ってる材料は意外と限られる

*2:永遠の初心者。実物大製図じゃないと厳しい

放出予定の在庫

記事の在庫を整理した。

寝かせたままの記事が大量なんですけど、公表していないものについてはみーんなゴミ箱に移動してしまえ。

長いものは5年くらい寝ている。

 

断捨離後の記事一覧。

・長距離バス

・空港

・はじめての北欧Step1~5

・大量の残薬

・食材の購入

・現時点で失敗なのか

・世界史

・料理できない

・社会人が管理栄養士になるには

・カネはない2

・どこかへいきたい2020秋

・××へ行きたい準備体操編

・顔の画像

 

ほとんどはタイトルのまんまなんですけど、いくつか解説。

・はじめての北欧シリーズ

実は私、40歳ですが国外へ出たことがない。パスポートも持ってない。

数年前は行ってみたくて行ってみたくて仕方なかった。

初めての海外は北欧某国がいいと思っていた。可能ならひとりがいい。

このシリーズでは

「なんでその国にしようと思ったか」

「語学はNHKの基礎英語(そして挫折)」

「パスポートってどうやって取るんだろう(本気で言ってる)」

という内容で5回も費やした。

現実は基礎英語と貯金に挫折した。そしてコロナの流行。

本当ならゴミ箱行きなんだけど、もったいないので破棄するかは保留。

 

・××へ行きたい

行く場所はもう決まっている。あとは珍道中?を述べるのみ。

 

 

北欧シリーズ以外はどこかで公開します。散らばします。

高崎線

予約投稿忘れた。

 

 

JR東日本が終電繰り上げですか。

私は高崎線を長いこと使ってきた。

公式の表現方法がわかりづらい。

これ、終電は籠原止まりって解釈でいいんだろうか(籠原:下りで熊谷の次の駅。籠原は熊谷市)。

 

ふざけんな。

 

 

個人的に繰り上げは別にいいんですよ。

ただ、ずっと前から思うんだけど「高崎線」なんだから全部高崎まで行ってほしい。

下り列車の2/3くらいは(てきとう)籠原止まりって何なの?

しかも籠原から先は冬期間空調切っているらしいとか(あくまでも噂)、ドアは自動で開かないとか(今はコロナ対策でちゃんと開く)、ふざけんな。

 

 

切り捨てる気か。

 

 

 

ていうか、埼玉県ってそもそも競合する路線がないような気がする。

気のせいかもしれないけど。高崎線なんて大宮から北方面は振り替えできない。

新幹線っていう手もなくはないけど、目的地が在来線の駅だったら意味がない。

神奈川と比較するとかなり不便だとは思う。

洋裁のレベル

洋裁の本はいろいろあるんですが、あれはいったいどの程度のレベルを指しているのだろうか、とは思う。

ただし、ここでは月刊誌レディブティックは除きます。

あれは読者アンケートに「どこの専門学校を出たか」という項目がある。

初心者が何も知らずに手を出すとやけどします。私はやけどした。

 

さて、そうではない普通の洋裁本のレベルについて。

専門学校を出た人はできて当たり前でしょう。

実物大の型紙がついているから製図しなくていいんだもん。

すると本当に素人に向けて書いていると解釈していいはずなんだけど、そのレベルはどの程度なのか。

 

私は高校の家庭科で習った程度です。

本格的にやるようになったのは30歳過ぎていから。

素人向けスクールには通ったことがない。

そこは対象になっていない気がする………。

用語がわからないから自分で解釈して強引に進めなきゃならん。

 

だから、どこか手芸ショップが開催しているスクールを出た人向けなんじゃないかなあ、と。

これで合っているかなあ。

ねまき

どーん。
f:id:starlights123:20201019171219j:plain


私は原点に戻ることにした。
素人洋裁を始めたのは30歳だった。
その時と同じ型紙、似た素材を使った。
当時は本当に何も知らなかったから、買ったのはニット素材。
よくのびる。
もう同じ柄のものはもう売ってない。
ちなみに柄はあかちゃんに似合いそうなものだった。
まあこれもあかちゃん向けの柄かもしれん。

作る。
私は自己流というか誰かに教わったわけではないのでやっぱりうまく行かない。

着心地は悪くない。
ねまきなので袖にボタンは付けなかった。

派遣も案外切られない?

【おことわり】

筆者は若干特殊なお仕事をしているのでこのタイトルを鵜呑みにしないよう。

 

 

私は今まで様々な職場を転々としてきた。

その中ではやはり様々な人が様々な働き方をしていたが、派遣で使えねえと思ったのはふたりいる。

 

ひとりめ。この人。3年くらい前に知り合った。

社会人として出会った人の中で、ここまで使えない人に出会ったのは初めてだった。

当時ここのブログでもかなりの量の愚痴を述べた。

今何をしているのだろうか。いや、どうでもいいんだけどね。

HPLC*1をやりたいと言っていたが有機溶剤を扱ったら目を離している間に事故を起こしそうな気がする。

私たちが派遣されていた企業はこの人が最初から短期の契約だったから我慢したんだろうな………。

まともな企業に派遣されたなら最初の契約更新で終了なんじゃないだろうか。

そうであってほしい。

 

ふたりめはその後お世話になった職場に派遣されてきた。

作業は遅いし、何よりもコミュニケーションが難しい人だった。

実験業務には携わってない。

私は直接関わってないのでどうでもいいと思っていた。

でも何でこの人を契約終了にしないんだろうとは思っていたし、既存の従業員からも不満はあった模様。

 

このふたり、自分では気づかないでしょうね。

それは本人のためにならないし、会社のためにもなってないんだがそこに首を突っ込むのは私の役割ではない。

ていうか派遣は即戦力が基本なので育てるのも筋が違うしねえ。

個人的には引導を渡すなら渡してほしい。そうじゃないと業務が回らない。職場の空気が不穏になる。

けど、私はしがない派遣社員なのでそんな権限はもちろんありません。

 

 

 

今回は何が言いたいかって、案外契約終了にはならないよって話。

*1:高速液体クロマトグラフィー

Music Center for PC

使えねえ………。

 

 

SONYのウォークマン管理アプリは長いことX-アプリというアプリでした。

いつの間にかサービスは終了していた。

Music Center for PCというアプリが引き継いだのだが、冒頭に嘆いた通りです。

もう1回言う。

使えねえ………。

 

 

 

1.パソコン上の操作がしにくい

なんていうか雑なレイアウトになっている。

 

2.データ移動できてない

ウォークマンを使ってデータを移動しようとした。

他にも方法はあるのかもしれないがそれしか思いつかん。

しかし、アルバムごと移動したはずなのに10曲あっても2曲しかデータが移動できてない。

どのアルバムもこんなのばかりだ。

そしてPCの雑なレイアウト。

 

 

もう無理だ。

「使えない」というワードで検索したのだが、操作画面を見ていると何かうちのと違う。

どうも、アプリのダウンロードがうまく行ってなさそう。

どういうわけかアップデートも途中からできない。

そうなるとハードの問題なのか?という結論しか出ません。