きょうのひとり飲み会

太く短くふわふわと

素人洋裁

素人洋裁2021

本年の素人洋裁を振り返る。 ワインレッドの心。ブロード。ユザワヤで買った。 ボタン大量で遊んでみた。色は失敗したと思う。3月。 観劇用。ハンドワッシャー。トマトで買った。 TEAM NACSの舞台を見に行くのに作ったのはいいのだが、5月の松本はこんなもの…

バッグが出来上がっていた

おはようございます。 バッグを作りました。 ネルのブラウスを作りたいなーと2か月くらい思っていたのに。クレイサスの大きめのバッグを使っていたのですが、持ち手がどんどんぼろぼろになっていきます。 完全に使えない状態になるのはちょっと避けたい。 そ…

素人洋裁10の理由

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由」 趣味はいろいろある。 先日記事にしたマンホールのふた撮影、工業地帯の観賞、昔はプロ野球観戦も好きだった。ひとり旅だって大好きだ。女の趣味じゃねえな。 しかし、ハマる理由が10もない。 あると…

ワードローブが火を噴く!!

冬はコートを外側に着るので、中はユニクロのネルシャツ2枚をローテーションでよかった。 仕事中は作業服に着替えちゃうしね。 春はシャツが一気に増える。 私の作ったブラウス2枚と何年か前に買ったカットソー2枚くらい。 倍増だ。 そして数日前、新しいブ…

春の新作

どうも。 服を縫った。 色が失敗した。 ボタン付けがなかなか楽しかった。

生地の在庫

前回が記事の在庫なら、今回は生地の在庫。 私の趣味は素人洋裁。 ユザワヤ、トマトなど生地屋に行くとあれもこれも良くって選べない。 掘り出し物がいくつもあるといくつも買ってしまいそうになる。 がまんがまん。 ひとつ作ったら、次の生地を買う。という…

トレンチコートを着てみた

先月、このトレンチコートを作った。 しかしこの作品は着てみるといろいろ欠陥があるのだった。 まず、ポケットがない。 テキスト通りに作ったらポッケはちゃんとあるんだけど、私の読解力がなさすぎて作れなかった。 シャツのように上から縫い付けるタイプ…

洋裁のレベル

洋裁の本はいろいろあるんですが、あれはいったいどの程度のレベルを指しているのだろうか、とは思う。 ただし、ここでは月刊誌レディブティックは除きます。 あれは読者アンケートに「どこの専門学校を出たか」という項目がある。 初心者が何も知らずに手を…

ねまき

どーん。 私は原点に戻ることにした。 素人洋裁を始めたのは30歳だった。 その時と同じ型紙、似た素材を使った。 当時は本当に何も知らなかったから、買ったのはニット素材。 よくのびる。 もう同じ柄のものはもう売ってない。 ちなみに柄はあかちゃんに似合…

トレンチコート

トレンチコートを…………失敗した。 着ると尻のあたりが持ち上がってしまう。材料費8000円くらい。 着たいけど、着れるかなあ。

サコッシュ

ちょっと出かけるときのためにサコッシュが欲しい。 余った布でこしらえるか。 レシピはネットから拾った。 布はぺらんぺらんなので接着芯つけた。 できあがり。 中は毒々しいいちご。 長財布入れてみた。 材料費はタダといえばタダ。 気に入っている。

量産

マスクを作るつもりはなかった。 世間の状況がどうのこうのではなく、小さい作品に興味がなかった。 ふらふらとユザワヤで生地を物色していたら柴犬柄のダブルガーゼにフォーリンラブ。 紺地と黄色地のものを30㎝購入。 裏地は白のダブルガーゼ。抗菌処理が…

不服

シャツとブラウスの本を買った。難産だった………………。 本の通りに作業しているのにどういうわけか合わないんです。 他の作家の本では今までこんなことなかった。 襟と身頃をつけようとしたら身頃が余る。 なんで……? よくよく製図を見たらギャザーと書いてある…

素人洋裁をするにあたって

マスクを手作りする必要に迫られている世の中ですね。 ちょっと前にネットニュースにも出ていたのだけど、布や型紙にも版権があるから勝手に売れないんですという話。 素人だけど趣味で洋裁をする人という目線で述べます。 洋裁のスクールなどでは教わるのか…

はじめてみる世界

文化服装学院の文化祭に行ってきました。 朝早く起きる根性はなかった。 昼下がり新宿の文化服装学院に到着。迷わなければ新宿駅からさほど遠くない。 まず感想です。 楽しい………………。 筆者は食品業界しか知らないので見るものすべて初めての世界。楽しいです…

連投

6連投とかはきついけどまだやれる。 小さい会社だったら月曜から土曜まで通しで出勤とか普通にありますからね。 今の職場でいろんな事情で6連投をやった時に「大丈夫?」と問われたが6連投の後にちゃんと休暇がもらえるなら私は別に構いません。 頭に来るの…

ボディバッグ製造

今年の初夏、コットンタイム表紙のボディバッグにひとめぼれした。 リュックサックは汚れが目立ってきて買い替えたいと思っていたし、作ろうか。 ユザワヤで買い出し。 しかしぎりぎりに行ったので閉店までもう時間がない。 本を見ながら表布、裏布、金属パ…

創作の秋

ベストとスカート。 まだ布が、かなり余っている。 どうするか。 ハーバリウム。 雑貨屋の前を通りかかったら、1,800円で作らせてくれるというポスターを見た。 カラフルなドライフラワーがいろいろあって、好きなものを好きなだけ入れていいという。 お店に…

布選び2

こんばんは。 素人が生地屋で布を選ぶ話。1はこれ。 まだ続く。 昨夏の話ですが、母が雑誌にノースリーブのシャツが載っているので作ってくれんかという。 オッケーオッケー。と軽く返事をした。 さて。 母に服を作ったことはありますが、そのときは私が生地…

変な循環

今は土日が休みだ。 だから土曜日は眼科か精神科通院以外は寝る。 日曜はスーパーで買い物はするかもしれない。 しかし基本は寝る。 起きている間は洋裁をする。 夏は量産。といっても月に2着くらいだけど。 ワンピースばかり作っている。みなさん、変な循環…

ワンピース2018-5

ゴールデンウィークはワンピース2着作った。 そのうちの1着がこれ。本当はこれを作る予定はなかった。 フレアースカートのワンピースを作るはずだったのだが、型紙を置いたら幅が足りなかった。 裁断の前に発覚してよかった。 別の本を見て、違うデザインの…

エプロン

日暮里のトマトで収穫したアスパラガス。 母が着用している。

布選び

素人が生地屋へ行って生地を選ぶのは難しいものがあります。 編み物だったらテキストにハマナカとかニッケとかメーカーを指定して書いてあることが多いです。 型番も書いてあることがあります。 例外があるとすればNHKすてきにハンドメイドくらいかな。 しか…

見よう見まねで

針供養。

トマト

浦和のユザワヤでコーデュロイを買い、ラップスカートを作ろうとしたのだが裁断を間違えて買い直すことになった。 土曜日。 浦和に行くならその延長にある 日暮里トマト行けるじゃん!!!!!! というわけで、ユザワヤ飛ばす。 特にこれがほしいというのは…

季節の移り変わり

今年もだんだん日が短くなってきていますね。 いつの間にこんなに短くなっているのでしょう、か。 NHKの手芸番組「すてきにハンドメイド」のテキストもウールが原材料のスカートが掲載されている。 ウールは家庭用ミシンでは縫いにくいなあ、もう冬なのか*1…

これがひとり××だ!!!

ひとりでラブホなんて生ぬるい、ひとり結婚式をやってみろ! という記事を見かけたので披露しよう。 最近はそういうサービスもあるようだが、私は5年ほど前に実家で執り行った。 何でそんなことしたのかというと、ちょうどその頃から洋裁を趣味にしたのでし…

透ける素材2・最終回【修正版】

透ける素材でカシュクールのワンピを作ろうとした話、2回目にして最終回。 こんな柄。 日暮里の布問屋トマトで1メーター100円の布?を4メーター購入。 しかし素材がよくわからないのだった。 超薄くて綿じゃないこと以外はどうもわからない。 ネットで調べ…

透ける素材

布の話です。 カシュクールのワンピースを作ろうと思った。 材料は今年の3月か4月くらいに日暮里のトマト*1で買った透ける素材。 1m100円だったので具体的には決まってないけどワンピースか何か作りたいと思って4m購入。 しかし透ける素材はテクニック…

布屋さん

日暮里のトマトと蒲田が本店ユザワヤを比べてみる。トマト ・とにかく店がでかい、別館もでかい ・従って品揃えも圧倒的、おねしょシーツもたたみのへりもあるよ ・とにかく狭いのは客が多すぎるからなんだろうか ・日曜祝日はお休み、閉店も早い ・あくまで…