きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

結婚したくてたまらない

先日の話にも出た、職場の結婚願望が強すぎる女性をGさんとします。

Gさん(35)は何の話からでも自分が結婚したいという流れに持っていけるという特技をお持ちです。

具体的にはいくつもありますが超長文になるから割愛。

先日の記事と重複しますが、あまりにも

「自分の子供はかわいいっていうんだからなつみさんも産めば考えが変わる」

と言うので

「いろいろあって私は産めない」

とだけ言いました。それに対して

「でも自分の子供は」

と言える神経の持ち主です。

ああ、もしかしたらこの人に神経はないかもしれない。

私が産めないといってるのは男の存在の有無ではないのです。

このブログを以前から読んでいる皆さんならご存じでしょうが、服薬の関係上本当に産めないのです*1

「いろいろあって」という表現にはそういうことを含めたつもりでした。

Gさんがそういうことを理解できないことを察しなかった私が悪いのでしょうか。

知り合って1ヶ月かそこらの人をそこまで理解できないよ私は…………。

まあこの人はストレートな表現をしても

「でも自分の子供はほしいでしょ」

と言う気がする。せめて

「自分の子供はかわいいっていうから私は産んでみたいな」

くらいに留めておけばいいのに。

それとも、よく下ネタは他人を傷つけないというからそういうつもりなんだろうか。

Gさんの世界には結婚する気がない人はいないので、私が興味ないと何度言っても

「あーそうなの」

という態度ではない。

「あーそうなの」と言うような人は私の意思を尊重してくれるので、どんなに結婚願望を語られても嫌悪感はない。

しかし彼女は

「そういう人ほど結婚早いんですよね」

としか(能力的に)「言えない」からねえ。

自分が結婚したいから、他人の私も結婚したいと思って当たり前という言動。

 

自分が不愉快だからってGさんについて言いたい放題です(しかし言い過ぎたとは思ってない)。

私は他人と自分の価値観は違っていいと思うのです。

その違いを語るのもかまいません。

ただ、自分の考えが他人も同じ考えで当たり前だと思うのは別にいいのだけど強制するのはそろそろ止めてくれないか。

趣味に引きずり込むならともかく結婚出産だぞ。

この人の考え方がおかしいという結論になりましたが納得はできません。

長文になりましたがこれでもかなり端折りました。

*1:リーマスを止めればいいだろうと思うかもしれないが、私には慢性膵炎もあります。