きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

服の色

23年くらい前、私は高校生だった。

この頃はいろんな色の服を着ていた気がする。

オレンジのパーカー、白いミッフィーのTシャツ、ガチャピン色のパーカー、真っ白のもこもこしたコート、ブラウンのブラウス、ヒステリックグラマーの黄色や白のシャツ、などなど。

これらを着て通学しておりました。うちは私服通学ありだった。でも制服もあるよ。

 

大学時代はモノトーンのヒョウ柄など変な柄物が多かった気がする。

 

そして10年前、私は29歳だった。いつの間にか黒い服しか着ないようになっていた。

「黒い服を身につけることによって他人を拒絶する」

とか何とか聞いたような気がしますが、まあそうでしょうねと妙に納得していた。

さすがに知人の結婚式は百歩譲りました。パーティドレスはそれでも濃紺です。とにかく暖色系がダメでした。

当時の勤務先の人にもそれは指摘され、私は

「わ、わたしだってピンクの服着ますよ?」

と言った。証拠写真も見せた。

しかし1981年頃(生後5か月)撮影されたものだったので怒られた。

「親の趣味だろうが!!!」

だそうです。ああそうだ、よくこうも言っていた。

「腹の色と同じ色の服を着ているんです」

 

3年前、私は自宅から片道2時間という企業で派遣社員をしていました。

私とほぼ同い年の派遣仲間の女性Gさんとよく一緒に帰ったのですが、この人と知り合った頃に

「なつみさんて同じ色の服しか着ないんですね」

と言われました(ちなみに、Gさんのことは2017年1月頃の記事にたまに出てきます。この人は結婚願望の強すぎて当時私は嫌悪していたのですが、そこを除くととてもいい女性です。私が結婚したいくらいです。元気かなあ………)。

嫌味などではなく、単純な疑問としてそう言われました。

それから服を買う時は少し意識するようになりました。

この数年前から服を自作するようになったこともあり、持ち駒も黒一色ではなくなってきたのです。

生地屋にはカラフルな生地がたくさんあります。その中からひとつ選んで服にするのですよ。

たまには柄物だって買うようになりました。柄合わせスキルないけど。

 

で、1年くらい前に今の職場に入職した。もちろん言ってくる人は言ってくる。

「なつみさんて地味な服しか着ないよね」

えーと、どうしろと。

私服は数回しか見られてないはずなのになあ。真っ黒い服は着ていなかったんだけどねえ。よくそんなん覚えてるなあ。。。

そこに深い意味はないと思うけど、上述の「黒い服を着て腹の色と同じ色」の話をしたら否定された。

ところで地味な服の「地味」の対極は「派手」なんでしょうけど、派手ってどういうこと?

柄物ってこと?暖色系とか、色のこと?

 

わかったわかった。私が次に着るべき服は

電飾かスパンコール施したもの

ですかそうですか。

 

つづく。!?