読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのひとり飲み会

36歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

次の仕事・心はからっぽ

さて、面接行ってきた。

これ一般派遣の面接だよね?紹介予定派遣じゃないよね?

って心の中で何度も突っ込みながらの面接だった。

 

面接の1時間前に派遣会社の営業と打ち合わせ。

やっぱり食品を見下………じゃなかった、製薬の方が高度なスキルを身に付けられるのね。はいはい

志望動機は私の心の中にはひとっつもないことを言うように指示される。やだ。

これ普通の派遣でしょ?何でそんなもの必要なの。

退職理由は「正社員を目指したかった」というものもあるんだけど

「これじゃそういうチャンスがあったらまた辞めると思われるので控えろ」

とのことなんだけど、派遣ってそういう働き方なんじゃないの???

派遣としての待遇しかないのに正社員のような心構えで働けってか。

ふーん。

派遣なんてスキルが合うかどうかなんじゃないの。

で、面接。

就業先担当2名、派遣会社営業1名、私の4人。

頭の中で文章が途切れたけど、緊張はしなかった。

その場にいた全員が私が緊張していると思っていたようだがそれはしゃべるのがへったくそだからです。

それにしても………最初に職務経歴を述べて、その後の流れは質疑応答というより普通に面接。

少なくとも派遣の面接、いや顔合わせとか職場見学と呼ばれるものじゃないよなあ。

実際の職場見学をさせていただく。面接のスペースとは違う建物なのだが、営業が小声で

「先方に質問しろ」

としきりに言ってくるのだった。

しかし、ないぞそんなもの。

「ご丁寧な説明をいただきましたので質問はございません」

とか言える隙はなし。

面接終了後、営業にそこをダメだしされた。

「いくつも質問考えたのにしませんでしたね」

表面的なものは5個くらい考えたけど、心の中では質問したいわけではなかったの。営業にはわかんないだろうなあ。

ま、全体を通して微妙ですね。次行こう、次。

何て言うか、結果が出るまで妙に時間かかるしWDBとか他社競合に負けた気がする。

結果は寝て待ちますわ。

 

寝て待ったけど、だめでした。

やっぱり無理があった。

 

ところで、読売主催のクライマックスシリーズのチケットですがこの面接と被って争奪戦には参加できませんでした。

踏んだり蹴ったりだなあ。

家でおとなしく中継見ます。

まあ来週日ハムの試合行くからいいか。