読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうのひとり飲み会

36歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

確定申告

moneylife

昨年は頭のおかしい会社に内容証明郵便を送って源泉徴収票を手に入れるという、うつ状態の人間には超ハードな展開から始まったが今年はもうそんなこともない。

さて、最初から必要な書類が揃っているというのはラクですね*1

今回は年末調整を受けてなくて医療費控除を受けたいので、必要な書類は

源泉徴収票

・医療費の領収書

マイナンバーのわかるものの写し

・身分証明書の写し

くらいか。

医療費は家族のをまとめることができるので、父と母のももらう。

私も親も領収書は普段から置き場を決めて保管しているのでこういう時にラクです。

取り敢えず、3人分それぞれ病院、薬局ごとに領収書を分ける。

私→精神科、その薬局、眼科、歯科、市販の鎮痛薬

父→痛風の科、その薬局、耳鼻科、その薬局

母→内科、眼科、その薬局、乳腺外科、歯科、内科2軒目、その薬局、タクシー会社

母食い散らかしすぎ!!!!

次に病院ごとに合計金額を出す。これはエクセルに任せた。

で、次が面倒くさいです。

やったことのある方ならわかると思いますが、国税庁のホームページを開いて病院ごとに金額を入力していくのです。

具体的には

かかった人の氏名、続柄(本人、父など)、病院の名称、病院の住所、名目(治療費などと入力する)、金額

を入力するわけ。時間がかかって仕方ない。ちなみに金額にすると

私→10万

父→3万

母→6万

まー私は秋まで3割負担だったし*2薬は6種類くらい処方されてるから月1回の通院だけど6000円以上は支払ってたのよね*3

入力は1時間以上かかった。つかれた。

16,000円くらい返ってくるようです。

*1:だから、その会社が相当悪質なんだってば

*2:精神科には公費で支払いが1割になる制度がある。詳しくは自立支援とかで検索してください

*3:血液検査は別料金。リーマス飲んでるから定期的に血液検査を受ける必要がある