きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

札幌へいってきた2回め3

今回に限らず私から出る北海道記事は観光要素いっさいありません。
主な理由は「右側に住んだことがあるから」です。

2018.11.5
8:30
起床。もっと寝ていたい…………。
9:00
チェックアウト。
ホテルは北2西2。
札幌市中心部はテレビ塔を基準に東西南北が振ってある。札幌に限らず北海道の市町村中心部はこういう割り振り方。
信号の看板はこの表記。正確には北2条西2丁目。
札幌駅の南口から南に向かって広い道路が通っているのが西4丁目。
札幌駅が北5、すすきのは南7~9くらいで西は4が中心かな?
この方式は条坊制というものらしいです(今知った)。慣れると頭の中で地図が書きやすいです。
今回は行った場所の住所を書いてみるので札幌がわかる方は私がどう歩いたかイメージしてみるといいかもしれない。
ちなみに筆者は北海道に住んだことはあるけど、右側なので札幌は中心部がちょっとわかる程度です。
HTB新社屋(北1西1)がかなり近いのでおんちゃんにあいさつ。
エントランスの壁のおんちゃんは撮影はしていいと言われた。掲載していいかよくわからんが。
f:id:starlights123:20181105160200j:plain
せっかくだから二条市場にも行ってみるか(南3東1)。
実はここ行ったことがなかった。テレビ塔から西は大通公園や繁華街があるからよく行くけど、東はまったくわからない。少し迷った。
しかし、私には朝食を摂るという習慣がないから腹が減らない。丼でがっつりメシとかムリ。
10:20
六花亭の札幌本社(北4西6)へ行く。ここも初めて。ていうか割と最近できたよね?。
店内は客でごった返していた。
バラ売りとか簡易包装のものをいくつか購入する。
私は雪やこんこというラングドシャ*1が大好きで大好きでいつもバラで20枚とか買うんだけど、現金があまりなくて5枚くらいにした。その分違うものを買った。
2階は喫茶スペース。立ち食いもできるよ。
雪こんチーズというものがあったのでもちろん食べる。
f:id:starlights123:20181105161228j:plain
うまい。
コーヒーは100円になった。昔の帯広本店は無料だったのに。帯広ではケーキなんかも売っていて(安い)、立ち食いでむしゃむしゃと食いながらコーヒー飲むんです。幸せだったなあ。
11:00
フライトが14:00なので12:30には空港に到着していないとまずい。できれば空港でも土産は買い足したい。
逆算すると札幌を11:50に出る快速に乗る必要があるが、もう11:00だ。
六花亭は札幌駅のすぐ近くなのであとは汽車に乗るだけ…………もう1回セーコマ*2寄りたい。空港にセーコマはない。ホットシェフはなくていいから出店してくれマジで。
札幌駅(北6西4)から北方向へ向かい酒のつまみによいようなものを何点か購入する(北7西2付近)。
北大正門(Wikipediaには本部が北8西5とあるけど信号には北8西2とかあった気がする)の紅葉がきれいなので門のあたりで見とれる。2枚くらいは撮影もする。
f:id:starlights123:20181106092843j:plain
こうしてJR札幌駅6番ホームに着いたのは発車5分前。
観光の「か」の字もないですね。4丁目プラザ(南1西4)*3が、とか言い出さなかっただけいいか。
12:30
空港着。着いた日にロイズのパンを買うと母に連絡しちゃったのでいくつか買う。どれもお高いけどおいしそう、本当においしかった。
北菓楼のおかきをリクエストされているのでいくつか購入する。
松尾ジンギスカンのレストランで今度こそじゅーじゅーと焼きたかったが、そんな時間はない。
13:00
フードコートで松尾ジンギスカンの定食を食らう。
レトルトのスープカレー買い足す。
13:30
チェックイン。遅い。やばい。フライトまで30分だ。
クレジット払いなので、チェックイン機にクレジットカードを入れたらチェックインは完了した。便利だ。
チケットには13:45までに保安検査場を通過しろと書いてある。
まずい。
次。土産を預けなくてはならん。
乗るのはAirdoなんだが、ANAとの共同運航便なのでANAのカウンターに行かなくてはならない。
ちょっと距離がある。焦る。遠いわけではないが、時間に余裕がないので遠く感じる。
しかもバゲージドロップは初めてだ。
土産袋は口をテープで閉じるのか…………でかすぎてムリ。ビニール袋に入れよう。
機械への入れ方はスタッフのお姉さんに教わる。
荷物を置いたら網状のシャッターが降りてきて、閉まると横向きにされてコンベアーで流れていく。
この機械おもしろいぞ。
13:40
保安検査場に並ぶ。通過しろという時刻まであと5分しかないが、私の前には20人はいる。レーンは2つしかない。
大混雑というわけではないがどう考えても間に合わない。
新千歳は混むという話を聞いたことはあったがこういうことか。
すると、スタッフのお姉さんが
「14:00発羽田行きのお客様いらっしゃいますかー」
と声をかけだした。
「はいっ、はいっ」
と言ったら優先レーンに通してくれた。

搭乗口へ行ったらもう列ができていて、搭乗が始まるところだった。
何とか間に合った。


今後は時間に余裕を持って行動したいと思います。

*1:チョコレートをクッキーで挟んだお菓子。代表的なのが白い恋人

*2:北海道最大のコンビニエンスストア。セブンイレブンよりも強いよ

*3:ファッションビル