きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

ぼんやり湯河原

温泉に行ったら体をリセットできそうな気がした。

そういうわけで、今回は初めての湯河原。

休日は力が入らない。

電車の中から海をぼんやり見る。美しい。故郷埼玉には存在しない風景。

東海道線で小田原まで行ったら次くらいかと思ったんだけど、それは真鶴だった。

真鶴と熱海の間だったのですね。

降りる。

下調べは特にしていない。その場で日帰り温泉を検索。

バスに乗って日帰り温泉へ行く。湯で体を暖めて、出る。

温泉街をふらふら歩く。20分くらい歩いて湯河原駅行のバスに乗り、戻る。

また電車に乗って帰るのだが、このあたりで気絶しそうになる。

眠い、だるいとかではない。ただただ気絶しそう。

何だろうこの感じ。正体不明。言葉で表現したいけど、つかめない。

でも海は美しいなあとまたぼんやり思う。根府川駅の下りホームなんて、寒くなかったらいつまでも滞在できそうだわ。

 

今度はボウリングでもするか。温泉街にボウリング場があったのですよ。