きょうのひとり飲み会

太く短くふわふわと

本屋さん

いろんな人に

「なつみちゃんて本読まないのー?」

と言われますが、いつの頃からか読めなくなりました。

25歳くらいで小説が読めなくなり、28の頃は自己啓発本をたまに読んでいたけどもうそれもなくなった。

症状と無関係ではないと思うけど、相関はわかりません。

 

しかし、本屋さんは好きだ。

本はたまにしか買わないけど、買うなら実際の店舗じゃなきゃ嫌だ。

店舗で見て気に入ったものをamazonで買うとかはしますね。

池袋のジュンク堂へ行く。

まずは写真集。

工場夜景の本は既に持っているものと似たり寄ったりなので買わん。

それにしても、廃墟と軍艦島の写真集は何であんなに豊富すぎるんだろうか。

次は土木や建築。

私は食品会社勤務ですが、石油などのプラント観賞が好きなので設計の本とか絶対理解できないけど欲しい。

いいものがあったらほしいんだけど、どうも化学工業のコーナーで扱っているようです。

というわけで、次は化学工業。

わかりやすそうなものを何冊も手に取ってみる。

物理とか何とか、計算式が大量に出てきて全然わからんぞ。それに安くても2,500円もする。

でも蒸留装置のみの本ならまだ手が出せそう(な気がする)。保留。

同じフロアに数学の本が並んでいる。

数学は理解できないだけであって、決して嫌いではない。

あっ、統計がある…………………。

私「わかりやすい」とか言ってる本2冊買って平均で挫折しているのよな(そこで?早っ!!!)。

今度こそ本当にわかりやすそうな、イラストをふんだんに盛り込んでいる本があったから、買おうと思って取り敢えず手に持ち引き続き店内物色。

すると生物のコーナーにバイオ実験のテキストがあった。

食品実験の手引きではないんだけど、大きくてカラーで、6割くらいは今のお仕事とリンクしていそうな感じで、3,600円ですよ。高い!

高いけどこの本が欲しいので、統計は元の本棚に戻した。実家から1冊持ってきているしそれをもう1回読んでみればいいと思うの、ということにします。

下のフロアに向かう。

地図や旅行の本が売っている。

国土地理院の1万分の1地形図が1部429円で売っているので買ってみた。

え?場所ですか?浮島と羽田空港。。。

買った後で発行日見て驚いた。平成13年ですか。私は大学3年くらいか。

浮島は大当たり。工場しかありません。水江町の東で切れているのが残念だけど、浮島だけでなく千鳥町も入っているのでよし。

萌えます。これを読んでいる人は「この人おかしいんじゃないだろうか」と思うかもしれませんが、間違ってはいないと思います。

羽田空港はちょっと外れた。住宅地が入ってるのが個人的に萌えない。平成13年なので第2ターミナルは建設中です*1。最初何のことかわかりませんでした。現在の国際線ターミナルはもちろんありません。

ていうか京急が羽田空港ターミナルに乗り入れてない頃かもしれない。

面白いなこの地図。他の人はこんな使い方はしないでしょうけど。。。

貨物の時刻表は値段が思っていたよりかなり高かったので買わず。

会計をして終了。

振り返ると、私は本当に小説などには興味がないようです。

自分で言いますが、あんまり女の趣味じゃないなあ。

*1:ていうことはJAL、ANA、JASが今の第1に詰まっていたんだな。今思うと恐ろしいな

健康状態251

精神科で診察の巻。

先月末などテンション上がる一方だと言ったら

「抑えてね」

で終わった。

まあ、いつも通りですね。

 

 

さて、仕事ですが、ところどころ内容は伏せます。

えーと、何でこんなに(略)。

そりゃあまあ(略)。

無駄な抵抗だってわかっているけど全身から「イヤです」オーラ軽く出したっていいじゃん。ねー。

20年前の話

20年前は18歳でした。高校卒業して大学に入る頃です。そうかもう20年か。

振り返ったら思い出せるかな?

思いのほか長くなった。ていうか超長文だ。もうついてこなくてよろしい。

【1月】

3か月以上前の失恋をまだ引きずる。

毎日泣いて過ごす。数学の時間は積分が理解できないのか失恋が原因かよくわかんないけど突っ伏して涙を流して泣いていた。

【2月】

一応大学進学希望だったので東京なんとかを5回受ける。私立だからそういう荒業可能。

もちろんすべてすべった。

当時は無知だったが、ここの大学は私立だし受かるのにコツ?がいるんだよなあ。

毎日ポストに来るのは予備校の勧誘パンフレット。

親と真剣に話し合った結果、池袋の河合塾(農獣医コース)に通うことになった。

【3月】

3月はこのブログで散々語っているので飛ばします。

1回は書き起こしてみたけど、あまりにも長いのでやめた。2月も過去記事と重複するか。

大学の入学祝はいとこAが、いとこBの営む居酒屋で飲み会。

私が何を飲んだかについては触れないように。

母がトイレに行くと言って席を外した瞬間にいとこたちから

「で、元彼とはやったの?」

などというストレートな下ネタが飛び交うのだった。これは正直に答えたような。

それはいいんだけど(いいのか?)、同席したAの娘は6年生である。

うちは最も興味のあるお年頃の娘の前でそういう質問を堂々とする一族です。たのしいよ。

 

 

【4月】

東京なんとかに無事入学する。北海道にはまだ雪が残っていた。

初めてのひとり暮らしだったが、小さい頃から家事には慣らされていたのであんまり困らなかった。

親の目がないので毎晩アルコー(略)。

1月に出てきた失恋をまだ引きずっていたので、子供時代は親を含め周囲と必ずしもうまくいってなかったということもあって、何かから逃れるようにアルコー(略)。

社会に出てからますます傾倒していくのだけど足を踏み入れたのはこの頃ですね。

自動車学校に入学するが、地理的なことを何も知らなかったのでそこは斜里だった。

【5月】

マニュアル車が何なのか知らなかったが、運転は楽しい。

親の方針でオートマ限定は絶対ダメだと言われていたのです。

まさか、自分用にはマニュアル車ばかり4台も買うとかこの時はまったく思ってませんでした。

【6月】

路上教習で教官と巨人戦について意見が割れて降ろされそうになったんだよ。

「昨日の試合だって石井浩郎が*1

「お前喧嘩売ってんのか。次の信号で降りろ」

「わかりました」

「待て、俺が悪かった。本当に降りるな」

教習所へ行く道はたぶんだけど、ネットで言われている「天に続く道」かもしれない。

片道1時間かかったけど、景色はすごく良かったです。ずっと見ていても飽きない。

もっと見ておけばよかった。

【7月】

寒いのでセーターとストーブが欠かせない。

水曜どうでしょうと出会う。

月末の前期試験には片っ端から落ちましたが、その結果を知るのは9月。

ここから試験というものに泣かされ続けることになるのです。

19歳の誕生日2週間前に車の免許を取る。

【8月】

長くなってきたなこの記事。

19歳になる。

実家に帰ったらめちゃくちゃ暑かった。北海道に慣らされてきている。

親戚のゆうたくん(当時6歳)にANAのポケモングッズを買って帰ってばかりだった。

十数年後、ゆうたくんも東京なんとかに入学するとか当時は知る由もなく。

【9月】

1日。私はこの日のことを忘れはしないと思います。何十年経っても。

サークルの先輩の彼に夕飯一緒にどう?と言われ北浜駅*2で何か食い、持って帰られる。それだけではなく、もちろん?食われる。

いろいろあって私の男性不審は決定的なものになるがそれは半年後の話。

最初から遊ばれていたんですね。私は「彼女と別れてほしい」とは言わなかった。

しかし男性に本気になったのはこれが最後だったような気がする。

左にある「夢のお告げ」カテゴリの彼はこの2年後に知り合った人なんだけど、夢に出てくる彼と付き合っている時から人生で1番好きだったのはこの人だと、夢の人は本気じゃないとわかってしまったわけ。

そういうわけで夢の彼は別れてから15年も、付き合ったこと自体忘れていた。

もう恋愛とか男の人をいらないと思って生きている。

【10月】

秋になった。

他人の車にぶつけた。

【11月】

上の男の彼女の家で女子が数人集まっては他の人が録りためた毎晩水曜どうでしょうを上映するとか。

いろいろ辛いことも多くなってきてどうでしょうに逃げる。

【12月】

雪の季節。

学生実験で滴定ばっかりやってたような気がする。

今は微生物検査で食っているけど、社会に出た頃は滴定もやってた。またやるかもしれない。

初めての夜のフライトで誘導灯の美しさに感動する。

しかもクリスマスだったので機長が「メリー」とか言ったとか何とか。

実家に帰ったら父はあの「2000年問題」で会社に駆り出されていた。

 

 

やっぱり若い頃というのは記憶力あったんだな。

もっと力ずくでも勉強すればよかった。

このへんの記憶を洗うとやっぱり恋愛とかセックスなんて人生に必要なかったんだよ、と思う。

*1:BGMはもちろん尺八。わかる人いるのか?

*2:駅舎に喫茶店が併設されている。眺めはいいのでお勧めスポット。特に流氷シーズンはいい。ただし、線路には本当に汽車が来るので降りたりしてはいけません

健康状態250

これを立ち読みしていてなかなか良いページに出会った。 

これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ!  ココロの健康シリーズ

これだけは知っておきたい双極性障害 躁・うつに早めに気づき再発を防ぐ! ココロの健康シリーズ

 

Q)躁の情報が出てこないのは何故?

A)患者が語りたがらないから

 

そうです、私、24歳の初めてにして最もでかい1発については語ってません。 

プライベートで心を許した女性にも概要しか語ってません。

このブログでは躁だ躁だ言って、それっぽいエピソードも公開したけどそれは30過ぎていてある程度病識もあったから現在進行形のネタにできるのよね。

24の時のはたまに「蒸発した」「泳げたいやきくんをやった」と言っているのが該当するんだけど、具体的に語る気なし。この本には

「忘れないと生きていけないようなことをしでかした」

と書かれていたのだが(うろ覚え)本当にその通り。

この件で社会的なものはすべてじゃないけどだいたいのものは失って、入院した。

知りたい人がいるとも思えないけど、一応言っておく。これは任意入院な。

このあたりから死亡説が流れるのはまあいいか。SNS上で私に対するあいさつは普通に「あ、生きてた」です。

 

私はこの時のことはうつなんだと思っていた。一応死にたかったし。

30の時に突然「あ、あれは躁だわ」と思った。

転居が多くていろんな先生に診てもらっているのでこの頃「あれは躁だったんでしょうか」と問うたら「その時に診てないから何とも言えないけど、躁だとは思う」だとか。

しかし今診ている先生は24の時のことは知らない。

入院した地域が全然違うし、この本の表現を借りるなら私は忘れないと生きていけないので言う気もない。

聞かれたら言ってもいいかな、という心境にはなったけど。

帰宅中に聴く曲

私のウォークマンに入っている、朝っぱらから聴くべきではない3曲をどうぞ。

 

【さわやか会社員/相対性理論】

Perfumeのポリリズムが流行った頃、私は横浜でひとり暮らしを始めました。

テレビは買わず、AMラジオばかり聴いてました。

そこでよく流れていたのがこの曲。当時TBSラジオ*1は本当にこればっかりだった気がする。

タイアップでもしてたのかな。

曲調も歌声も、歌詞にだって脱力します。

あ、私は超近眼なのでめがねは顔の一部です。

しかし相対性理論はこの他に「ジェニーはご機嫌斜め」と「地獄先生」しか知らない。

【フローネル/打首獄門同好会】

風呂、寝る。

帰宅後の入浴とか、休日の二度寝とかを歌っています。

こんなもん朝から聴く曲じゃないです。

youtubeで初めて見た時には吹き出しましたけどね。

【Dream land/Perfume】

これも朝っぱらから聴けません。

この曲が出た頃躁うつ病が悪化して休職(その後退職)していたということや、歌詞が状況に追い打ちをかけるようで思い出すと辛いのだけど嫌いな曲ではないので入れている。

初めて行ったPerfumeライブの最後の曲が確か、これでした。間違っているかもだけど。

幻想を見ているようだったなあ。

*1:radikoはまだなかったので、手動で周波数合わせるタイプのものを使っていた。面倒くさいので野球中継聴くとき以外はTBSに固定していた

千鳥町・画像編

千鳥町は一般的には散策を楽しむような場所ではないと思います………。

わかってる。わかってるよ???

元旦の記事では画像を出さなかったんですけど、やっぱりアップしてみようかな。

問題があったら削除します。

f:id:starlights123:20190109220027j:plain

天国へいらっしゃい。

今回に限った話ではないんだけど、私はこの青い看板を無意識のうちに撮影しているみたい。

f:id:starlights123:20190109222822j:plain

天国にはバスがいっぱい停まる。

7と8時台おかしいよね?1分刻みなのはともかく、同じ時刻に2本とか。

f:id:starlights123:20190109214835j:plain

富士山と煙突。東扇島西公園から。JFEかな?

来年の年賀状はこれにしよう。富士山に大好きな煙突。めでたい。

左の白い煙突は鶴見の火力発電所か?

f:id:starlights123:20190109214914j:plain

フレアスタック。炎が出ているのでよく見ましょう。

これはかなりズームした。

10年前に買った安いデジカメで撮影しているし、あんまりいいショットではないんだけど炎吹き出している煙突好きでしてね。

f:id:starlights123:20190109215001j:plain

煙突。

サンアロマーさんのものです。

JXTGさんの構内にあるそうです。ここからふ頭の方まで行ってもよかったかもしれない。

f:id:starlights123:20190109215142j:plain

たまらん。。。

もうこういうコメントしか出ないのな。JXTGさん。

道路に沿っている太い配管がないアングルで取ってみたいと思うが、この配管にも役目があるのでそういうこと言うのは止めましょう。

片側何車線だか忘れたが、交通量が全くないのでこのアングルから撮影ができる。

f:id:starlights123:20190109215122j:plain

元旦なので交通がない。撮影するにはもってこいだった。

東燃化学?

車の類が全くないショットは奇跡かもしれん。

f:id:starlights123:20190109215053j:plain

日本触媒さん。配管たまらない。。。

配管の下は普通の道路です。もちろん一般人が歩いてかまわない道路です。

左側に小さく映っている 青い看板が冒頭の天国の看板です。

 

f:id:starlights123:20190109220015j:plain

マンホールファンとしては撮影しないわけがない。

電防は電気工事関係の父に聞いたんだけど、わかんないと言われてしまった。

ネットで検索してみた。腐食を防止するものらしいです。

 

元旦なので交通量もまったくと言っていいほどなく、道路越しの撮影が非常にしやすかったです。

来年の元旦も撮影しに行きましょう。

これが正しい物理だ

高校物理で最初に初速度がどうとか習いますね。

え?知らない?習うんです。

私はこれで以下のような計算をしたことがあります。

躁うつ病発覚前ですが、北海道時代に一般道を70km/hで走行していたら15km/hオーバーで捕まり、反則金を払うことになりました。

パトカーの中で

「我々はこの地点にいたんだけど、わかった?」

と言われたが、夜だしわからんわ!

帰宅後地図を出した。

捕まった場所と警察がいた場所の距離を割り出す。

どのくらいだったかはもう忘れたけど。。。

初速度0km/hのパトカーが76km/hで走っている私のクルマに追い付くためにはいったいどのくらいの速度で走行する必要があるでしょうか。

単純に考えればオーバーしているクルマに追走するだけでもオーバーなんだから、追い付いたら本当にオーバー。

それで計算結果は忘れたけど、ふざけんなよと思ったのは覚えている。

いったんお休みします。

月末をめどにいったんここはお休みしようと思います。

理由ですか?

これ以上何も語れないからです。

別に入院とかではないです。

入院したらこのブログ的には面白いんだろうけど、もう40歳も近いしそういうわけにもいかないんだよ。

以上。

 

ちょっと、ハイになって個人を特定できそうなことをけっこう書いてしまったような。

するともう私には何もなかったのですね。

もともと何もないじゃないか・・・・・・・・・・。

うーん。

 

月末までは残った分を消化します。

12月に在庫がたくさんあると言ったけど、だいぶ捌けました。

まあ、年末に元旦の願望について進捗とかはやると思う。

苦しい2

この話の続き。というか後から思うことなので何かあったわけではないです。

 

他にもいろいろ言われたけど、全部集約するとリンク先冒頭のひとことになる。

だけどねえ………申し訳ないけど物凄く悪く言えばきれいごとなんだよな。

発言者は知らないのかもしれないが、追い詰められて退職っていうのは現実にあるんだよ。

そしてそれに対する常識的かつ安全な逃げ道は頭のどこかに用意しないと、ちょっとまずい。

逃げ道というのは退職から自殺まで。私の場合は中間を取って精神科入院とか勧告とかですね。

 

とはいえこの人は私の人生を知っているわけではないから別に腹も立たない。

面接は別の人がしたし、だいたい派遣の面接なんて普通は退職理由なんか突っ込まれないもん*1

私が「そうですね」と返事して終わる話だ。

知ってて言ったら殴るけど。

発言は私の心に変な感じで引っかかるけど、この人自体に嫌な感じはないのでいいんじゃないでしょーか。

結局そこです。

*1:突っ込む企業もある。親の職業質問してくる企業もある。派遣じゃなくてもそりゃダメだ

早く寝なさい

今の派遣先、きっちり定時上がりだ。

通勤もほとんど時間かかってない。

 

今まで午前の部が6時間で午後の部が7時間の正社員とか、通勤往復4時間の派遣とかばっかりだったからね。

 

さーて、家ではヒマだぞ何するか。

 

蛇足ですが、正社員時代は一時期本当に

・午前の部6時間

・休憩30分

・午後の部7時間

だった。これで残業代1円もなし。

ちょっとくだらない計算をしてみます。

年収300万円(税込)、1日8時間、年間休日87日です。

すると時給は1348円。残業代は時給だと1685円。

午後の部はまちまちなので平均して5時間にしましょう(おかしいぞ)。

1日の労働時間は11時間ですか。残業は1日3時間くらい。

この数字だとそんな残業してなかったのか?と思うけど計算したら残業代だけで140万くらいになるのよね。年間休日が少ないからかもしれん。

言っておきますが、これは休みがきっちりとれているという前提での話です。

まあ、この会社に休日を買い取ってもらったらとかいう妄想をしたらまた結果も違うんだけど、やめましょう。

新年会1

長野をプロテクトしなかったのか………………。

別に私は読売ファンではないんだけどね。

 

新年会1があるということは、2も3もあります。

ここの記事にするかどうかは話が別ですが。

さて。

今日も明日も明後日も仕事だ。

しかし都内には行けなくないので、30分くらい遅れて参加した。

メンツは大学時代のサークル仲間。

学年や学科は違ってもみな食品関係の仕事をしています。

酒も進み話がちょっと濃い内容になってきた。同期に言われた。

「なつみ今××に住んでるでしょ」

「うん」

「もしかしてさ、○○関係に行ってない?ていうか××だよね?

 

固有名詞こそ出なかったけど、うわあ、当てられた!!!

 

「そこ、アレでしょ」

「まあね」

 

このメンツは大学時代のサークルのメンツだが、就職する業界はだいたい同じなのでガチな話が始まるのだった。

普通に取引先だったりするので

「御社の△△さん、この前うちの工場に見学に来たよ」

「△△はその日いないと思ったら先輩の会社にいましたか」

みたいな。

 

さて、私は派遣社員ですが他の人は正社員なので派遣を使う側。

「派遣さんは仕事ができなかったら辞めていく、それこそ腕一本」

と言われた。なるほどなあ。。。

 

私は適当に腹を満たしビール1杯飲んで20:00には撤収しました。

倒れなかったよ。

ブログのタイトル

ブログ村のランキング見ていると、みなさん登録しているカテゴリーそのものなタイトルですね。

派遣社員の何とか、躁うつ病の何とか、みたいな。

このブログはFC2時代*1なんて一時期膵炎ブログと化し、はてなに来たら定期的に躁うつ病ネタで占められる。

しかし2010年に開設した時点では毎晩飲んだくれてたし、内科にも精神科にも通ってなかった。

タイトルの由来を語っている記事はあるかと思ったんだが、はてなでは検索かけても何もなかった。FC2にはあるのかもしれないと思ったらなかった。

だから今さらだけど説明する。

 

大学時代はひとり暮らしをした。私は埼玉出身だが、大学は北海道だったので基本的に親の目はなかった。

実家を出た瞬間に酒浸り。まあ、親も酒飲みだからそこは何も言われないんだけど。

飲むのは大五郎のようなああいう焼酎。25°が4Lで1,980円みたいな。

芋?麦?興味なし。

日本酒は飲めません。日本酒だったら鬼ころしなんだろうか。

酒は辛い何かから逃れるためのものでしかなかったので、飲んでいて楽しいなどという感情はなかった。だからおカネをかける必要はなかった。強くないけどひとりでいくらでも飲めた。

リキュールは好きですけどね。これはバイト先の飲食店で覚えた。

よくやったのは500ml紙パック飲料を買い、隙間を焼酎で満たしてよく振り、ひと口飲み、隙間を焼酎で満たす。これを2、3回繰り返しているうちに酔っぱらいます。

バカな飲み方っていうかよくこんなの思いつくよなあ………。

それなのに31の誕生日直前まで10年以上毎晩飲酒。計算がおかしいという突っ込みは受け付けません。

前置きはこのへんまで。

うちの大学は北海道の右にあって非常に狭い世界でした。

コンビニ行ったらけっこうな頻度で酒*2を買っていて、しかもそういう時に限って知り合いと遭遇します。

「きょうもひとりで飲み会か?」とよく言われたのです。

 

これがブログタイトルの由来です。

いろいろ状況は変わって30の時膵炎になり、もう飲めなくなっちゃったんだけどね。

ここは膵炎になる直前に作りました。

 

*1:これ→starlights123.blog111.fc2.com/

*2:合同酒精のワリッカ

健康状態249

どうも。

こんばんは。

 

業務はひとり立ちして2週間くらい。

片付けしてたら私に業務を詰めこんだ人につかまった。困った。

状況をいろいろ聞かれるんだけど、最後に

「毎日やってて進歩している感じはある?」

と言われて

「本人だからわからない」

とよくわからない返答をする。

ああ、今思うと本当によくわからんな、これ。。。

文章にするときつい感じがするけどこの人の口からはこういうコメントしか出ない。

話すとめちゃくちゃ穏やかな人です。

 

 

それにしてもねえ、難しいのよ。

「私は毎日成長している!よし、やっていける!!」

とか本気で思った日には躁全開でしかないと思うのね。

今はそこまで行ってない。

上の人は私の手技にダメ出しをしないので(何で?)、それが怖くて、いつか何か罠とか間違いを犯しそうな気はしている。

だから、そう思えるからリーマスは頑張っているのだと思う。

躁全開になったらうつに転じて、今度こそ入院になるじゃないでしょうか。

 

しかし他人、職場の人にそんな事情は絶対に知られてはあかん。

しかももう38だ。この職場で覚えることはまだまだ大量にあるんだけど、操作のいちいちに

「きゃあ自信ないんですう」

という態度で臨める年齢ではなかろう。ましてや派遣だし。

かといって自信がみなぎっていたらもうそれは躁でしかないわけ。

 

この職場には長くいたいから今の状況はちょっとまずいと思っている。

冬にこれでは春は地獄だな。