きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

たからくじ その6くらい

これまでも当たるといわれる売り場など行ったりした。

と言っても西銀座とか横浜駅西口くらいだけどね。

まあ、ああいう大きい売り場は販売数も莫大だからな。そりゃ当たるよ。

頭ではわかってるけど、この他には佐賀の宝当神社なんかも行きましたよハイ。

熊本の宝来宝来神社*1とか超行ってみたいと思っている。懲りてねえ。

が。灯台もと暗し。

地元は宝くじ的にパワースポットらしい。

たまに週刊誌に出る。

しかも市内数ヶ所から高額当選が!

小さな田舎町にそんなに売り場があるのもびっくりだが、それぞれに高額当選が出たのもびっくりだ。

そのうち3ヶ所の売り場を線でつなぐと10億を呼び込む奇跡のトライアングルができる………らしい。へぇ。

そのうちの1つの売り場でミニくじをたまに買うけど当たった試しはない。。。

今度こそ当たると信じてジャンボバラ30枚買う?

*1:神社を作った経緯が素晴らしい。検索しましょう。

健康状態216 New?

まずは私の既にある疾患について、散々言ったけどおさらい。
躁うつ病
・慢性膵炎

これに新たなるものが加わろうとしています
えっ!!

緑内障の疑い

まだ30代なんだが………。それ言ったら膵炎もか。
まあ、「疑い」ですからね。

発覚したのはコンタクトレンズの定期検診。
視力検査の次に診察。
いつも異常なしなので今回もそのつもりでいた。
何というやり方かは知らないが、医師は
「(医師の)肩を見ててね~」
と言いながら私の目に光を当てて覗きこむ。
ここまではいつも通りだった。

ということは、以下の話は通常とは異なる流れになるのである。
「写真撮ろうか」
と言われ検査スタッフに別室へと連れて行かれる。
何だそれ、いったいいくらかかるの?
いつも流れ作業だからギリギリの現金しか持ってないぞ。困ったな。
撮影は椅子に座って顔の前にある機械の中を覗く、って言ったら伝わるのかなあ。
その画面がまた、黒い画面の真ん中に赤い十字があるという何か怖いもの。
これを見ているうちに終わった。
また診察室に戻る。説明を受ける。
瞳の奥の神経が萎縮しているんだそうな。
私は近視なんですが、それも影響しているけど、でもちょっと萎縮しているんだそうな。
緑内障と断言はされなかった。
ただ、視野検査しなさいと言われて予約取って帰った。
検査しないとはっきり言えないみたいな感じだった。

というわけで、健康状態217は視野検査とその結果の話です。

あ、現在の心境ですか?
はっきりしたわけじゃないからなあ、特に何もないよ。
確定したとしても何とも思わなそう。自覚症状がないからかねえ。
それにしても、私の抱えてるのって全部完治とかいう概念のない疾患だなあ………。

家事能力

私はけっこう低め。

症状とか関係なく家事に対する意欲がない。

台所の掃除は好きだが。あ、洗濯機の洗濯槽の掃除も好き(それを家事と呼ぶのでしょーか)。

過去にも書いたが料理は得意ではない。

食べたことある人は「おいしい」とは言ってくれたが。

しかし宅飲みだから居酒屋系のおかずしか出してないしなあ。

自分で言うけど私は絶対にメシマズではない。

製造業で品質管理に携わっておきながら整理整頓まったくだめ。

まあ、いわゆる汚部屋にしたことはないけど。

洗濯物は干してある中から適当に取るとかいう感じだし。

収納する気はないらしい。

 

何だろう、大学進学でひとり暮らしをする際母は最低限のことは叩き込んだと言っていたが叩き込まれる課程に喜びや楽しさを感じたことはたぶんない。

パートとはいえ外で働いてた母のしわ寄せがいろいろと私に来てて、それで嫌なのかもしれん。

弟の幼稚園の迎えまでやるのは違うと思ってたし(当時小3)。

だから家事能力高い人、意欲のある人は凄いとは言わないけどいいなあとは思う。

night flight

初めてのナイトフライトは19の時です。

実家に帰るのに札幌に寄り、買い物などしていたら千歳に着いたのは日没の頃。

私は基本的にフライトは窓側を選べるなら窓側にしてます。

窓からお外見たいじゃん。

千歳から東京へのフライトも初めてだった*1

離陸時の記憶はないので千歳はまだ日没じゃなかったかもしれん。

着陸の時は完全に夜で、滑走路の青や緑の誘導灯が美しくて感動したのは覚えてる。

しかも12月24日だったから機長が

「Merry Christmas!」

と言っていた。

JALだからバスでぐるぐる空港内を回ることもないし……*2

7年くらい前に仕事終わってそのまま札幌へ飛んだときは頭の中がPerfumeのnight flightでいっぱいだった。

最近で覚えてるのは関空からのフライト。

まあ、3年前だけど。

大阪上空の夜景はキレイというよりはすごくまぶしかった。 

*1:いつもは女満別

*2:女満別は今でこそ知床の玄関口みたくなってるが、2000年頃までの羽田便はJAS(日本エアシステム)しかなかった。今でいう羽田空港第1ビルにJALANAJASが入っていたのだがJASの立場が弱かったのは言うまでもない。搭乗口はもちろんすみっこ。手荷物検査場からけっこう歩いて階段降りて更にバスで空港内を5分くらいぐるぐると走るのだった

DIY

実家にはいわゆるDIYができる人がいないのでした。

父は春になると山菜を収穫してくるけれど、日曜大工はダメです。

母はそんな父を日頃からなじるのでした。

じゃあ日曜大工できる人と結婚すればよかっ………………。

テレビ見てるとホームセンターで材料買い出す人に密着してもの作りを見せてくれるでしょ。

だんだん自分でも作ってみたい気がしてきた。

母はまたうらやましいだのなんだの言ってます。

「近くにホームセンターあったら材料買ってきて何か作ってみたいよ」

何か、って何?という突っ込みはしないでね。母は

「誰もやらないのにそんなことできるわけないじゃない」

と言います。

しかし洋裁は30過ぎていきなり始めたから初期投資とか環境が整えば小物なら(重要)できそうな気がする。

「洋裁とは違う!」

「いきなり何かを始めるという点では同じ」

「私は編み物*1は先生に習ったの。製図だって先生に習ったの」

「うーん、(私は洋裁だけど)自分で本見ながら製図やったけどなあ*2

文にしたらお互い喧嘩腰なのは伝わらないと思うけど、何て言うか噛み合いません。

母は誰かに習って最初から完璧なものを作らなくてはならないという考え方なんだな。

私は取り敢えずテキスト見ながらやってみようとするかなあ。

完成しないかもしれないけど。

*1:母の趣味

*2:そして大失敗し、よほどのことがない限りは本についてる実物大パターン使ってる

さかな

にくをやったので、今回はおさかな。

いつか、やさい、くだもの、おやつなどについてもやりましょう。

 

これ、肉以上に語ることがない。

うちは全員海なし県で育ってるからか、魚介類にあまり興味がないかもしれない。

さかなは焼き魚と刺身が多い。煮付けはあまりない。

貝は………おさかなじゃないけど同じくくりにするか。

ほたての貝柱は食える。

稚貝の味噌汁なんかはすきだ。

あさりとしじみは仕事なら食える。

ムール貝は外で食べると割とお高い………かなあ。滅多に食べないからわからないや。

ひとり暮らしをしていたころにあじをさばいたことはある。その方が安いから。

いかの塩からも作れます。

しかしここまでかな。

埼玉の内陸で育ったから昔は魚なんてうまくなかったのよ。

たこなんて酢で〆てあるのが普通だと思ってた。

私は酢のものがダメなので、何の関係もないたこを嫌いになってしまった。

かきもうにもダメだった。

今思えば埼玉で入手できたものはまずかった。

しかしかきは網走でおいしいの食べたら好きになった。

うには……産地で新鮮なものを食べたらおいしかった。

だから今まずいと思ってるものでもその土地で食したらきっとうまいのだと思う。


日帰り秩父観光

12月3日にちようび。

秩父夜祭です。

玉出身だけど行ったことはない。近くないもん。

毎年2日と3日は夜祭。今年を逃したらしばらく平日開催だ。今年のうちに行く。

父が秩父に用があると言うので便乗する。

ミューズパークという広大な公園があるのだが、そこまで車に乗せてもらう。

夜祭に合わせて秩父市内への無料バスが出ているので乗る。15分程で秩父市街地へ到着。

いろんなことが全然わからないので人の流れに従って歩く。

まず秩父鉄道秩父駅に着いたので今のうちに帰りのきっぷ買う。けっこう歩いた。

紙のきっぷ。

f:id:starlights123:20171203183431j:plain

次に寄ったのは秩父神社芝居をやっている。

f:id:starlights123:20171203183055j:plain

おそらく歌舞伎。

見たのが途中からだし話はわからない。が、時々おひねりが投げられるのが面白くて最後まで見た。

おひねりは小銭を白い紙で包んだものと思われる。たぶん。

みなさん舞台じゃなくて役者に向かって投げるのな………。

当たった役者は痛そうではある。

御花畑駅に向かって歩いて行くとSL列車がいた。

f:id:starlights123:20171203183640j:plain

市役所の方に歩く。

カエデの樹液入り紅茶というものがあったので飲んでみた。

うーん、不思議な味だなあ。

f:id:starlights123:20171203183804j:plain

西武秩父駅の方向に歩いたらガストがあったのでご飯食べつつ時間を潰す。

16時半に店を出て秩父鉄道秩父駅に向かって来た道を戻る。

西武秩父駅ジェラート屋さんでジェラート

f:id:starlights123:20171203184329j:plain

左が秩父産メープル味、左がイチローモルトウイスキー味。

この画像じゃ違いがわからんよなあ………。

味はどちらもおいしかった。

ただしウイスキーは酒がダメな人はダメかもしれん。

そんなことしているうちに17時。暗くなってきた。

歩いて行ったら秩父駅入口交差点に山車がいた!

f:id:starlights123:20171203184834j:plain

それにしても身動きが取れん。

18時、祭りはまだまだこれからなのはわかってますが人が多すぎて身動きが取れないので帰ります。

今回はほとんど思い付きだったので次回はもうちょっと考えてから行きます。

にく

お題「好きな肉」

 

焼肉だったらタン塩とスープがあればあとはもういいや。

 

私はひとり暮らしだったら自炊をしますが、食品関係のお仕事をしていますが、ベジタリアンでもありませんが、肉にこだわりはない。底値もよくわからない。

ま、肉に限らず食料品にこだわりはあまりありません。

魚も似たようなもんです。あ、今度魚についてもやっておくか。

肉は牛より豚がすき、程度。

豚も牛も鶏も部位なんて本当に知らないし興味もない。

ロースとバラの区別がつかない。

高校時代の家庭科の試験で豚、牛、鶏の絵に番号が振ってあって部位を答えよという問題に悶絶したものです。

大学時代にも試験で同じ問題が出て、しかもそれぞれの部位の用途を述べよとか書いてあって何も勉強しないで(というかヤマを外した)試験に臨んだのでやっぱり悶絶。

全部「部位:ヒレ、用途:ステーキ」と記入していた。

単位は取れたと思うけど学習能力ないですね。

うるさい

仕事帰りに電車に乗る。

この話の登場人物はおっさんAとおっさんB。たぶん同世代。

どうも、Aが車内で通話したらしい。

それをBが注意していて、私は途中からそこに居合わせたという話。

Bは1回言えばいいものをわざわざAの席まで行き

「あなたマナーモードってわかる?設定してやろうか?」

などと偉そうに言っているのであった。

Bはぐだぐだけっこう大きい声で説教している。

とにかくうるさくて偉そう。

「あなたが外国人だったら許すが」

とも言っていたがそういう問題か?

まあ、きっかけを作ったAが全面的に悪いのだろうけど、まったく関係のない者からしたらどっちもうるさいわ!

うどん現実逃避行6

あかん、うどん全然食ってない…………。
2日め
朝 オリーブそうめん
昼 ラーメン

しかしラーメンは11時に食べた。
現在18時半。
腹が減る………………。
そうです、移動中の列車内で作成しているのですよこれ。

13時半に高松に着き、善通寺に行くと思ってJRの方の駅へ行った。
すると電光掲示板に観音寺行が出ている。
観音寺??お寺?(初めて知った)
慌てて検索。
行先をかなり迷って善通寺にする。
14時過ぎの琴平行きに乗る。
予讃線海岸寺から詫間の車内から見える海が素敵。
善通寺駅を降りて善通寺に歩いていく。
腹が減る。
15時を過ぎ、うどん屋は数軒あるがすべて営業終了。
寺へ着き、線香を焚く。ぶれてますが厄除。
f:id:starlights123:20171118213322j:plain
広い。
別の場所にボケ封じのろうそくもあったので、それも焚く。
f:id:starlights123:20171118213349j:plain
1本100円に家族4人分を込める。
………私がボケるか?
お砂踏み*1は着いた時間が遅くてできなかった。
善通寺の次は観音寺。
銭形砂絵?見たら一生カネに困らないの?
この当日知ったが、それは見たい。
観音寺に着いたのは17時。
が、目的地は山のようだし、日没になったというのもあり、途中で引き返した。人がいなさすぎる。
昼なら行った。
残念だが仕方ない、マンホールが銭だったからそれでよしとする。
f:id:starlights123:20171118213505j:plain

鈍行に1時間ほど乗り、高松に着いたのは19時半。
寝台列車は21時26分に出発してしまう。
瓦町で飲み食いしたいとは思ったが、時間がない。
結局高松駅前の居酒屋。
うどん全然食ってない!!!
駅のセブンイレブンで土産を買い足す。
そのうちに時間が来た。
帰ります。
f:id:starlights123:20171118213554j:plain

発車前に検札が来たのでさっさと寝ようかと思ったのですが、夜の瀬戸大橋を眺めてからにしました。

おわり。

*1:これを行うと四国八十八ヶ所すべてを回ったことになる、らしい

自分へごほうび

今の職場に入って1年が過ぎました。
私はここで派遣仲間のことをあまりよく書かなかった時期もありましたが、帰り道にこの人と世間話をするのが何よりの発散です。
いつもありがとう。
お互いあと残り2年くらいだけど、契約が切れてもたまに会って楽しくやりたいですね。
毎日いろいろあるけど退職に至るようなできごとはなかった。

そして自分にごほうびを。

九州・山口工場景: KOMBINAT FANTASIA

九州・山口工場景: KOMBINAT FANTASIA

たまにはこういう美しいもの見なきゃダメなんだよ。

うどん現実逃避行5

うどん現実逃避行とかいうタイトルですが、うどん全然食ってない。

さて2日め。
朝8時に起きる。
まずは土庄港でオリーブそうめん。
f:id:starlights123:20171119072742j:plain
エンジェルロード(説明が面倒なので、行ったことのない人は最初に検索してみてください)に行きたいと思ったが、もう干潮から3時間くらいの時刻。
島に行けねえ。
しかし見には行きたいので土庄港からバスに乗り途中で降りる。
フェリーターミナルでもらった地図を頼りに海沿いを歩くと到着。けっこう歩く。
最大干潮から4時間くらいがこれ。
f:id:starlights123:20171118150234j:plain
あと1時間早く来てたら歩けたのかもしれん。
こんな状態だから人もまばら。夫婦が2組いたくらい。
この砂浜の左側に丘があって、そこから撮ったら道が見えた。
f:id:starlights123:20171118150538j:plain

海に沿ってさらに歩き、大きなスーパーに入る。
黒豆の醤油煮を買う。どんな味がするんだろう。
同じ敷地内のオリーブ温泉にも入る。
開店と同時に行ったから浴場は誰もいないし露天風呂からも海が見えるし満足。
歩いてきた道を戻ってラーメンを食べる。
f:id:starlights123:20171119072814j:plain
会計から数分後にバスが来て、土庄港まで乗る。
この時12時前。
12時20分出航のフェリーがあるから、土産を買い足して乗った。

さて。。。
1日め 金比羅さん
2日め オリーブ公園
というかなりざっくりとした計画だった。
13時半に高松港に着いたら21時半の列車の出発まで何するかという話になる。

つづく