きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

私を作るもの

【22歳、大学4年生】実験、部活、水曜どうでしょう

あの、勉強は???

実験ばかりやっていたので理論より実技重視派になってしまった。

社会に出てからも実技重視だけど、たまに困る。

 

【29歳、横浜編】仕事、酒、プロ野球観戦

この頃が最も充実していたように思うが女の趣味じゃねえ………!

仕事をして、そのまんまスタジアム直行の日々(ハマスタとは限らない)。

そして翌日も仕事。

 

【39歳、現在】

今何かあるのかなあ。

仕事に生きるつもりはない。

趣味だったら洋裁があるか。

生きていて楽しいことは楽しい。

あと2週間

どうでしょう祭まで2週間です。

どうか、どうか往復の飛行機ちゃんと飛んでくれ!!

台風、来ないでくれー!!!


私の知り合いは私が水曜どうでしょうファンであることを知っているので、こうなる。

「で、あんたどうでしょう祭は行くの?どうなの?」

「行きます」

「よくチケット取れたね。私の知り合いは取れなかったって言っている」

 

この会話を2回ほど。本人ではなく知り合いなのが何ていうか。

1人は埼玉のいとこでもう1人は札幌近郊在住の方。

札幌の人とはもう少し会話が続いた。この人は生粋の道産子ですが、ファンではないので詳細は知りません。祭の存在は知り合いから聞かされて知っている、程度。

「どこでやるの」

「盤渓のスキー場です」

「あんなところで!!!どうやって行くの」

「昔のHTB本社からバスです」

「地元民として言わせてもらうけど、あんなところ!!!よう行くねえ」

だそうですよみなさん。

 

ささ、もうすぐなんだからシャンプーとか化粧水とか暖かい服とか買ってこないとね。

おやすみSeptember

今回はAKB48の歌っぽいタイトルだなあ。

これだと寝る前の「おやすみなさい」のおやすみっぽい感じがしますけど、休日の話です。

 

よく、休日は何してるのと問われるが本当にいろいろなので返事に困る。

終日寝ている時もあるし出かけるときもある。

職場の人に聞かれて無難にまとめようと「寝てます」って言ったら「疲れさせてごめんねえ」と言われてしまったなど。

ここんとこは用事の重要度と症状の兼ね合いなんかもありますので一概には言えません。。。

それにプライベートは晒したくないので趣味はないことにしている。

まあ、でも面白いので?誰にも言わないけど9月の休日を振り返ってみる。

1日め 実家へ帰り診察

2日め 母の要望で港北IKEAへ行く

3日め 大学時代の先輩Fさんと鎌倉へ行き、夜はプロ野球観戦

4日め 秋のシャツを製造する

5日め    秋のシャツを作る、2着目

取り敢えずここまで。

 

8月はどうだろう。家計簿を見て記憶を呼び出す。

1日め 1円も使ってないということは外出してないな。寝ていたと思う

2日め 実家で診察

3日め 上記同様、寝ていたらしい

4日め 歯医者の後、水江町へ行く

5日め 横浜をふらふらしている。あまりものを買ってない模様

6日め 歯医者の後で新宿へ行く。防寒着を買う

7日め 昼まで寝て夜のズーラシアへ行く

8日め 寝ていた、もしかしたら服でも作っていたかも。

9日め 横浜に行く

 

医者からは休む時はちゃんと休めと言われている。

用事もなくてだるいときには家で過ごしていることが多い。

仕事帰りは道草ばっかり食っているので1日中籠る日があってもいい気がする。

寝ている、としているのは本当に終日寝ている。前日何時に就寝しようが午前中はまず起きません。14:00に起きれたら早い方。

翌日も早いので21:00くらいにはまた寝ます。まあ私には睡眠薬があるので入眠はできます。

こんな感じで1日潰れることも多々あります。

来月は外出多めなので今月のうちに寝ておくか。

健康状態269

私の心は折れました。

私の脳内はお花畑です。

 

 

まずくね?

もしかして、躁うつ混合ってやつ?

そんな私の心の支えは10月のどうでしょう祭です。それまでやっていけるんだろうか。。。

まあ、リーマス、エビリファイ、ラミクタール、レンドルミン、ベルソムラといういいお薬があるので………………この処方で1回社会的に死んでるだろ。

本棚@my room

ここのブログを更新したい意思はある。でもネタがない。

仕方ないのでこの部屋にある本のタイトルを晒す。

ただ羅列しようかと思ったのだけど、あまりにも少ないのでコメントもつけよう。

 

・マンガでわかる統計学/大上丈彦

2009年くらいに買った。このシリーズの微分積分は読了の瞬間だけは理解できたのだが、統計は無理だった。仕事で必要なのは標準偏差あたりなのだが平均で挫折。

・海街diary9巻/吉田秋生

昨年ようやっと最終巻が出た!1巻の発売が2006年くらいだったはず。長かった。

・町自慢、マンホール蓋700枚/池上修・池上和子

マンホール撮影はよく知らない土地にわざわざ行って探し、いいものと

出会った瞬間が楽しいのだが、買った。マンホールの本はいくつか出版されているのだが、この本は私情を挟まずひたすら画像を掲載しているのがいい。

・入園、入学に役立つ子どものためのバッグ作り/しかのるーむ+ピポン

この本に出ているバッグをアレンジして職場の移動時に使っている。

・食品工場の品質管理/河岸宏和

いつ、いつ買ったんだこれ。そしてどうして連れてきた。

・HACCP入門/新宮和裕

これもいったいいつ買ったんだろう。

正社員で入った会社はISO9001だったり、HACCPやってる会社は派遣社員として雇われていたりで実務でちゃんとやったことがない。

・身近な人が亡くなった後の手続きのすべて/小島明日美・福田真弓・酒井明日子

自分が自殺か事故死した時のために参考にしようと思って買った。内容はもう忘れた。

・少しかしこくなれる単位の話

あかん、読んでねえ。

・ISO9001の基本と実践がよ~くわかる本/打川和男

あ、これは5年くらい前に買ったんだった。使わなかったけど。

・3つのシルエットで作る「永遠」のワンピース/鈴木圭

私には難しかったです。。。挫折しかけた。本当にエレガントな形なのでふざけた柄を使ってはいけません。

・リカちゃん着せかえソーイングBOOK

リカちゃん、4月にうちに連れてきたが、まだ何も作ってなくてごめんなさい…。

仕方ないのでダブルガーゼの切れっ端を適当に巻いたらセックスした後でベッドに横たわっているかのようになってしまった。

・私の好きなシャツスタイル/茅木真知子

これはもう大活躍です。

スタンダードな長袖シャツはブロードでもフランネルでも何でもできる。つまり作ったものは1年中着れますね。

1つ目のシャツの型紙だけで3着は作った。

・九州・山口工場景/本田純一

出た、工場趣味。工業写真集は世にたくさんあるけど基本的に川崎か四日市なので他のエリアに絞った作品は貴重。

・統計学がわかる/向後千春・冨永敦子

2008年購入。もちろん平均で挫折した。

・品質管理教本 QC検定試験3級対応/日本規格協会

7、8年前に受けた。1週間で詰め込んだら詰め込みきれんかった。それでも合格はできた。

・東大の先生!文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!/西成活裕

今年の春くらいに買った。内容はもう忘れた。私は「わかりやすい」数学の本に弱い。

・品質管理が一番わかる/宇喜多義敬・小林勝美

これは一般的な品質管理の本。食品会社の検査室の人にはあまり関係ないと思う。個人的には知っておいた方がいいと思うけど、直接役に立たない。

・食品工場の点検と監査/河岸和裕

私の過去の勤務先は取引先から監査も受けたことがあるけど、ずいぶん昔のことなのでどういう仕事をしてたのだろうかと思って読んでみた。

この姿勢で臨まれたら体がいくつあっても足らんわ!と思いつつ、実際はここまで厳しくないです。

・イラストでみる超基本バイオ実験ノート/田村隆明

3,600円もした。あんまり仕事とリンクはしないけど、買ったからにはちゃんと読め。

・食品分析学/松井利郎・松本清

こういう本って特定の大学の講義のために書かれたものが多いんだけど、そうではないので購入。クロマトグラフィーよくわかんねえ。挫折。

・化学総合資料

高校化学のビジュアル資料です。危険物取扱者の物理化学対策で買った。高校時代だったら苦痛だったかもしれないが、大人になった今眺めると結構楽しいな。

・ゼロから学ぶ工場夜景写真術/岩﨑拓哉

写真のテクニックではなく、被写体の工場が目的。

・いちばんカンタン!株の超入門書/安垣理

私は投資(国内株式)を適当に、カンでやっているのでこれもちゃんと読んでない。

ていうか今投資はやってないのよね。

・背景ビジュアル資料1 工業地帯・コンビナート/かさこ

京浜工業地帯を中心に、ひたすら煙突、タンク、配管などなど無機質な何かがたくさん出てきます。

・ワンダーJAPAN巨大工場総特集号

2009年頃購入。工業萌えはこの頃から。

・食品表示検定認定テキスト・初級/食品表示検定協会

次の仕事のために、勉強しなくては。しかし私は検査重視で生きてきたため表示なんか興味もないし、さっぱりわかんねえ!!!

 

洋服

実家から今のアパートに越してきたのが昨年の冬。

春から夏は夏の洋服ばかり生産していた。

 

あれ?秋物持ってなくない?

 

まずい、朝晩は冷える。

食品会社の朝は早いのでちょっとこれはよろしくない。

春に着ていた薄い長袖はパステルカラーなのでなんか違うぞ。

シャツの1着でも作るか、既製品を買うか迷う。

取り敢えず仕事帰りにユザワヤへ行った。

エイティスケアを2m買う。同じ色の糸も買う。ボタンは保留。手持ちのもので何とかしよう。

休日は家にこもってひたすら作る。

f:id:starlights123:20190915183249j:plain

生地の色が地味なのでボタンで遊んでやろうかと。

何でこの色にしたのかということですが。高校時代この色のシャツを着て学校に行っていたから。それだけです。

制作に費やした時間はだいたい11時間、費用は1,500円ってところだと思います。

自炊

18の時から39の今まで、断片的にひとり暮らしをしている。

18→北海道に4年ほど

27→横浜に6年ほど

38→神奈川に1年ほど。現在進行形

こんな感じ。毎回周囲からは「自炊はするの?」と言われる。

してます。


まずは大学在籍時。

北海道だからってうまいものばかり食ってません。

たまには食べたけど。学生のひとり暮らしだもんね、贅沢はできないわ。誤解しないように。

うちの母は「別に進学で家を出ても困らないようにしつけたもん*1」と言っているのだが、この通りだった。

得意でも好きでもないけど家事炊事で困ったことは確かにない。

料理に対する探究心がないのでおかずに種類がなかったけど、栄養失調にはならなかった。

2年生の頃は飲食店でバイトをしていたのでプロからフライの作り方を教えてもらったりした。

親は揚げ物と言ったら天ぷらしか作らなかったので、実家でフライを食べた記憶がない。なのでこれは今でも大いに役に立っている。

そういうわけで、大学の時は自然に自炊をしたという感じです。バイトをしてた時はまかないをもらってました。

社会に出ます。

卒業していったんは実家の近くで仕事をしていました。

派遣先はそうざい工場。毎日毎日そうざい食う。それも仕事だ。もちろんいやになる。

そこへ転職することになったのでした。実家を離れて横浜へ。

そうざい工場での日々は嫌ではなかったけど、製品の官能検査は嫌だった。

あんなもん毎日は食えん!!!

そういうわけで、自炊再び。お弁当だって作る。

私はお弁当を夜作るのだった。従って夕食のおかずと翌日のお弁当のおかずは同じ。ひとりだからいいんだよ。文句言う人はいません。

観光地で自炊だと、遠方の友人知人にどの店で何食わせたらいいかマジでわからんという弊害もあるにはありますが。中華街とかまったくわからんですよ。

そしてまた実家へ帰ったりいろいろしたけど今はまたまたひとり暮らし。

ヒマなので揚げ物ばかり食っている。フライ、春巻き、ポテトなど。

 

ひとり暮らしで自炊だと、好きなものを作って食べれるのが最大のメリットだと思います。

うちは母がしいたけ大嫌いなので、実家ではもちろん食えないのですがひとり暮らしなら思う存分食えます。

嫌いなものだってわざわざ買う必要なし。

はまるとなかなか楽しいですよ。

*1:周囲からは「理解不能」と言われる

Perm

とにかくいらいらするのでパーマをかけた。

意味不明ですか?

無性に気分転換したい。

いつも通り、美容院は当日にホットペッパービューティーで予約し、髪型は美容院でヘアカタログを見て考える。店にこだわりもない。

ショートヘアだし「長さ的にパーマは厳しい」と言われてカットのみになることも多いのだが、今回はパーマかけた!

どうでしょう祭に行くので、20年前の大泉洋のようにしたいなあとも思ったけど関東でそれはどう考えても通じないのであきらめた。

ヘアカタログにいい感じのものがあったのでその通りにしてもらう。

長さはちょうどいいのでカットはなし。いきなりロッドを巻かれるところから始まる。

その間は持ってきてくれた雑誌を読む。

アラサーがどうこうという着回し特集が載っている。

私もうすぐフォーなんだけどなあ。

パーマ液を散布してからしばらく放置されるんだけど、その間に雑誌が入れ替わる。

3冊のうち1冊はやっぱりアラサー向けファッション誌。

残り2冊は旅行雑誌だったのでそっちを読むというか眺める。

メガネを外されているのでよく見えない。

パーマをかけたあとでカットして調節すると言われたのたが、長さがぴったりだったのでカットはせず。

4,000円くらいで終わった。

派遣会社と面談 

派遣会社のオフィスに行ってきた。

通常は派遣会社の営業が就業先に来て、就業先担当者、派遣社員双方と会って状況を確認します。

派遣会社にもよるけど、今の派遣会社は3か月おきくらいに会っている。

が、就業先の応接スペースは構造上会話が筒抜けなので私の方が訪問するという形を取った。

何の不満もなければ応接スペースでもいいけど、話し合いの内容を検査室の誰かに聞かれた日にはもういられなくなってしまう気がする。

 

来月契約が切れます。

契約を更新するか終了するか、3日おきに葛藤が。ががが。という話から入った。

この半年もの間、業務はこなせている気がまったくしないしいろいろなことがとにかく複雑。

人間関係も何ていうかアレな感じ。いい人もいるけどうっかり心を開いたらもうどうなるかわからない。

これが葛藤の主な原因。

このへんはもう何度も話しているので派遣会社の担当営業だって驚きはしない。

 

で、契約なんですけど更新したいという方向で決着。

営業は言った。

「なつみさんからの返答期限は最悪今月の末日です。理想を言ったらきょうですが、無理強いはしません」

しかし中旬でも下旬でも迷うことは迷うと思った。

辞めたいとはいえ今が終了の時でもない気はするので、就業先が更新すると言ったら私も更新するということになった。

就業先は私が3年在籍するということを大前提にしているとか何とか。

あと2年もここにいるなんて、絶対にいやです。

ていうかあんたらこの程度の検査員に対して必死だな………………。

 

そういうわけで、次の仕事探しについても大雑把に話し合う。

私は漠然と、半年以内の契約終了を視野に入れ、貯金に励みつつ仕事探そうかなあと思っていた。

理性的に考えようとするとそうなる。気持ち的にいやだけど、この間にもしかしたら状況や考えも変わるかもしれない。

営業も春の求人が多くなる時期を待ってみたらどうかと言った。

そういうわけで今後の方向性は決まった。

鎌倉へ行ってきた

大学時代の先輩Fさんが北海道からやって来た。

Fさんは大の野球ファンなので、1日目は横浜スタジアムで巨人対DeNAの試合を見る。

DeNA負ける。

私は自宅へ帰り、Fさんは横浜市内のホテルに泊まる。

2日目は2軍の試合でも行くかと思ったら鎌倉をリクエストされた。

鎌倉自体行ったことがないそうな。

事前に鶴岡八幡宮、大仏、生しらすの3つをリクエストされる。

10時に鎌倉駅東口で待ち合わせ。

まずは鶴岡八幡宮へ行く。

おみくじを引いた。木の入れ物に棒が入っていて、振って逆さにして棒を出すタイプ。

私は箱を振りながら超真剣に

「仕事辞めてえええ新しい仕事おおお!!!」

と考えた。

結果?これですよ。

 f:id:starlights123:20190911210345j:plain

しかし私は間違ってない。何を反省しろと。

細く折って木に縛る。


鎌倉駅へ戻って江ノ電に乗り、大仏へ行く。

修学旅行とおぼしき中学生は確かにいるんだけど、思ったほど人の量がない。

Fさんは北海道の人なのであまり長い時間外を歩くわけにはいかない。暑くて倒れてしまう。さっさと江ノ電に戻る。

昼に差し掛かる。

腰越海岸で降りて海を眺めながらしらす定食を食べる。

うまい。

f:id:starlights123:20190911211027j:plain

食後は海に沿って歩いて片瀬江ノ島駅へ。

風が気持ちよい。

そこから小田急で町田へ出てロマンスカーに乗り換える。


そして夜は東京ドームで日本ハム対楽天の試合を観戦するのでした。

派遣会社と面談、準備編

もうすぐ契約更新の時期です。近いうちに派遣会社の営業と面談です。

だからこのブログを使って何を主張するか整理しておこうと思います。

まあ、話し合いたいことなんてただひとつなんですけど。

 

契約終了について。

 

これだけ。

私の気持ちとしては、もう契約終了したいです。

ただ、それは今なのかと言われたらわからないのです。

でも長くても半年だろうな。根拠はないけど、あと半年が限界な気がする。

現在の派遣先とはもうちょっとで1年というところ。

せめて1年は在籍したいなあ、という気持ちとこれ以上は主に精神面が持たないのではないかという気持ちが入り混じってます。

今日明日はいいんだけど、それが3か月先まで毎日ちゃんと続くのか?

正直わからない。今の私には3か月はけっこう遠い。

うつサイクルには入ってないんだけど、一寸先は闇だからね。ある日突然ばっきりと心が折れるんじゃないか。

3か月契約なので契約更新をすでに2、3回しているのですが、毎回返事はぎりぎりになってからだった。本当に、期限まで延ばせる限り延ばす。

何でか。この理由が、一貫していないのな。

最初はこの派遣先で必要な技術が思うように身に付かない、だった。

その次はこれがベースとなって人間関係などが絡まって積極的に更新したくないと思うに至るのだった。

絶対に更新したくない、ではなくて積極的に更新したくない、なんだよ。

例えば、何かが起こって人員を整理しなくてはならない状況があったら喜んでクビを差し出したい。そういうこと。まあそうなったら問答無用で派遣から切るでしょうしそれが正しいと思っている。

話を戻すと契約更新したい理由はない。でも強い信念ではない。だから続けられるような気もするけどその間に心が折れる気もする。もう心は折れているのかもしれない。結論を出すなら早い方がいい。でもよくわからない。そのループ。

私の気持ちなんてそんなもんなんだよ。

派遣会社の営業にこのまま言ったらうまく契約更新の方向に持っていかれるのは間違いない。

派遣会社にだけは持病(躁うつ病の方)のことは言ってあるのでそこんとこ考慮してくれるかもしれないが、結局は私の気持ちひとつでしょう。

台風15号

さて、私は神奈川県に住んでいます。

9/8の20:00
通勤には自転車を使用している。
いわゆるママチャリです。
実は私の住むアパートは管理が曖昧で、日頃は適当に置いているのだった。固定もしてない。
しかし台風の強風で飛んでいくだけならまだしも、近隣の住宅や自動車にぶつかったら目も当てられん。
よそさまの窓ガラスが破れるなど損害が出たら高額に決まってる。
弁償できるだけのカネはない。
だから玄関に避難させた。うちは2階だけど。自転車担いだら階段が思ったより急だった。
自転車自体も重いしムリかと思ったがどうにか。
f:id:starlights123:20190908201101j:plain

うへえ。なんか物凄い圧迫されるぞこれ。
まあいいか。
どうやって出すんだろうという疑問がないわけではないが。
雨戸も閉めたし無事に済んでくれ。

9/9 3:00
風と雨がうるさすぎる。
眠れない。
私は普段睡眠薬で寝ているのだが、以前早朝の雷で完全に覚醒したことがあったので早めに寝てしまうことにした。
薬も自然現象に勝てないみたい。
2:00に目が覚める。
仕方ないのでラジオ聴きながらここの文捻っている。
雨戸になんか当たる音がするんだけど気のせいじゃない………………よな?
雨戸あってよかった。
風でアパートが揺れる揺れる。
自転車は避難させてよかった。

壱万円拾った

新宿駅に直結しているビルを出た。

風が吹いていた。

ビルを出たとき私は下を向いていたのだが、風に乗って足元をひらひらと一万円札が泳いでいた。

四つ折りだけど、泳いでいた。

 

キャッチ。

 

しかしどうしたものか。

5分ほど周囲を見たが探している人はいなかった。

この間、母にLINEをしてみたら届けておけと言われる。

軽く調べたところ、届け出なかったら横領になるんだとか。

何となくだけど、そのまま懐へ入れる気にはなれなかったので交番へ行く。

落とし主が現れなかったら現金をもらうかどうか質問される。

そりゃほしいわ。もらう。

住所、氏名、電話番号を伝えると、警察官が拾得物件預り書という書類にいろいろ記入してくれます。

最後は落とし主が現れなくて、私がもらう場合について説明を受ける。

「この交番に来るまでの費用を放棄します」

という内容の文章があるんだが、歩いてきたから放棄。

次。落とし主からの謝礼について。

「どんな人が拾ってくれたんですか?と言われたときに氏名を公開していいですよ、って話です」

これも放棄した。

個人情報知られたくないもん。大量の現金が入った財布ならまだしも本当にただお札だからなあ。

すべてを放棄します、にはチェック入れなかった。

というわけで、落し主が3ヶ月現れなかったらこの現金は私のものになります。

といっても謝礼を放棄しているので、現金の権利が私のものになっても警察から私に連絡は来ないんだそうだ。

警視庁遺失物センターに自分で電話すると受け取れるか教えてくれるそうです。

拾得物件預り書は複写になっているので一番の上の紙をもらって終了。 

健康状態268

どうも。

最近、夕方以降にしかまともに食ってません。

朝→寝起きで食う気なし

昼→食堂が遠くて食う気なし

夜→食う

寝る前→不足分を食う

 

自炊する気はなくなって、肉ばかり外食している。

焼肉ライク*1に行き、牛角にも行き*2、デニーズで肉を食い、牛たん食いたい……………………。

あるいはコメを炊くのが面倒になってパスタばっかり食うとか。

 

夏バテじゃないと思います。

いろいろ迷っていることが、生活に出ているような気がします。

*1:おひとりさま焼肉店

*2:もちろんひとりだ