きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

たいやき

5月の1発目はこんな記事にしてみる。

 

ひとりでカラオケ行ってきた。

およげ!たいやきくんを歌ってみた。

 

私は初めての躁で蒸発したことがあって、この歌そのものな状態に陥ったことがあったのね。

ラストは「やっぱりぼくはたいやきさ」という歌詞なんだけど、これはそういう状態になった人にしかわからないでしょう。

「やっぱり」という表現はとどめだよ。そこへ帰るしかないんだよな。

作詞者の意図とは違うのかもしれないけど、逃げたはずの場所は楽しくなかったし*1私は形を変えてそこに戻ったから余計そう思うのかもしれない。

もう食品はいやと何度も思ったけど、結局食品会社の検査屋になっている。

 

というわけで、きょうも仕事をしてきます。

*1:躁は必ずしも脳内お花畑にはならない