きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

2019ダイジェスト

こういうのは記事を作成している本人以外おもしろくないんだけど、私の文章は普段からおもしろくないからいいですね。

 

【1月】

元旦から工業地帯を鑑賞する。

前の会社にもお邪魔した。

そこの経理の女性とさしで水曜どうでしょう、おっさんずラブについて語り合う。

派遣先の社内試験に泣かされる。しかしこれは今思えばまだまだ序の口だった。

【2月】

工業観賞のクルージングに出かける。昼間のイベントは貴重だ。が、船が揺れて揺れて酔う。地獄だった。

【3月】

新しい業務の研修で泣かされる。基礎をやっていないのにいきなり応用から始まった。

無茶苦茶だ。上の人のやり方に周囲の人の方が怒っていたが私は何も知らないのでわけがわからなかった。

教育担当は穏やかな感じの人なんだが、私は追い付いて行けなかったので業務終了後の反省会はマジで険悪だった。教育期間の最終回など

「今の状態ではひとり立ちさせられないムリ」

「いっぺんぼこぼこにされた方が早いと思います」

「そこまで言うなら止めはしない」

といった感じで平行線?だった。

毎晩本当に泣いていた。契約更新はもうなくて、荷物をまとめて実家に帰る日も近いと思っていた。

でも今思うとそこまでして在籍するような価値のある職場じゃないぞ。

気晴らしに実家からミシンを呼んだ。

【4月】

横浜のヨドバシカメラでリカちゃんを買う…………じゃなかった、お連れする。

せまいお部屋はにぎやかになりました。

今は母が編んでくれた毛糸のコートを着ています。

【5月】

7年ぶりに財布を買う。横浜そごうの北海道物産展に通う。

突然アレルギー性鼻炎になる。

躁のエネルギー切れと生理の終わりが同時にやってくる。

頭の中で糸が切れる音がしました。

【6月】

エネルギーが切れて、通院間隔が2週間になった。倒れはしなかった。

だから入院はしなかった。

【7月】

昨年の終わりに歯が欠けたりしたのを放置していたのだが、ようやく治療を開始する。

どうでしょう祭のチケットを入手できてテンションが上がる上がる。

【8月】

ここのブログはまた毎日更新するようになった。

ひたすら歯医者。

どうでしょう祭の防寒対策をどうするか、ということばかり考えていた。

この頃は自炊をあまりしなかった。食費がとんでもないことになっていた。

【9月】

先輩と鎌倉へ行く。

派遣の契約をどうするかぐるぐる悩むが結局更新した。その瞬間もう何か吹っ切れた。あきらめの境地に入ったのかもしれない。

【10月】

どうでしょう祭!!!

終わった後だが予想に反して燃え尽きはしなかった。

職場に六花亭のいろんなお菓子を持っていったら2日ですべてなくなった。早い。

【11月】

SNSに殴り書きの絵を出したら受けたので、ここのブログで絵日記としてネタを出すことにした。

【12月】

鼻炎復活…………。

絶対に風邪じゃないと思って耳鼻科行ったらやっぱり鼻炎だった。

飲み薬をもらう。全然違う。