きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

京浜工業地帯現実逃避行

2月はまったく更新していないのにアクセスが450もあった。

毎日更新していた時とほぼ同じアクセス数です。どういうことなのかは面倒なので追及しません。

 

さて、今年の目標は「もっと工業を攻める」だった。

2月23日、川崎市と大田区の共同企画のクルーズがあったので行ってみた。

工場夜景のクルーズは多々あれど、昼間のクルーズはめったにない(たぶん)。

集合場所は小島新田駅から徒歩数分の造船所。

船着場からは東燃化学さんが見えます。こんなアングルバス移動だったら絶対に拝めない!

f:id:starlights123:20190228164530j:plain

この一瞬に参加費3,800円払ったんだと思った。

アドレナリン放出!!これはもう鼻血が出る!!!

まずは川崎市の部です。もちろん工業地帯観賞がメイン。

船は大師運河を出港。天国だ。もちろん外の席に居座る。

千鳥町をぐると回って工業ツアーお約束の東亜石油さんを撮影。

浮島町の東燃ゼネラルさんだとかJXさんなんかももちろん撮影しまくる。

f:id:starlights123:20190228164552j:plain

私はフレアスタック大好きなので、何とか火を噴いているお姿を撮影しようとする。

10年前に買った安いコンパクトデジタルカメラはやはりだめか。実家帰った時に親父の高そうなカメラを拝借してくればよかった。

が、アドレナリンが出たのはここまでだった。

ここで力尽きた。出港から45分くらい。

工業要素が少なくなってくると私のアドレナリンも出なくなるのだった。

このへんから大田区の部。

羽田空港方面へ向かうのだが飛行機はあまり離着陸していなかった。

船上からの飛行機鑑賞はまた格別なのだが

f:id:starlights123:20190228164900j:plain

私はそこまで飛行機萌えでなし、そうなるとただただ寒い。

しかも海は荒れていた。外へ出るのはやめる。

残り2時間が永遠とも思える長さ。気持ち悪さを泣きながらこらえる。船外に出られないし。ああつらいなあ。

ところで、参加費3,800円の中には船内で使える500円の券が入っていたのでした。

釣りは出ないので280円の味付け海苔2個買う。差額は現金で払う。あおさでもよかったかもしれないが、私はひとり暮らしでは味噌汁は作らない。

大田区は大森の海岸あたりで海苔が取れるのです。味付けなので海苔だけでもうまいうまい。酒のつまみにいいんじゃなかろうか。腹は膨れないけどさ。

かなり酔ったけど、だいたい満足です。

今度はぜひ、水江町の西も回ってほしいな☆