きょうのひとり飲み会

36歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

面接2発め・結論

派遣の面接をかけもちした件について結論が出た。

A→食品の微生物検査@1,300*1

を取った。

B→食品の品質保証事務@1,200

は面接終了後に断った。

Bは電車も1時間半かかったが、企業の最寄駅から徒歩20分と聞いてたのに30分かかった……。

就業先企業のホームページには徒歩15分と書いてあったが初心者には絶対無理。

まずここで心が折れた。

そして派遣会社Bの打ち合わせは簡素すぎる。

Aは1時間前に会って営業の車の中で経歴など打ち合わせるのだが(だから経歴を説明する練習もできる)、Bは15分前に会って少し打ち合わせ。何もできない。ぶっつけ。

私は派遣慣れしてるからまだいいけど、まったくの初めての人は不安だろうなあ。

面接も微妙だった。

相手もいい人だとは思うが言語化できない微妙な空気が漂う。

事務系の面接はこうなんだ、と言われるのかもしれないが話をしてもどうも業務のイメージが見えてこない。

通勤距離に関してもけっこう突っ込まれる。

派遣の面接で退職理由聞くの止めてくれないかなあ。言いたくないんだよ。嘘をつくのはもっと面倒くさいんだよ。

微妙な空気のまま終了。

派遣会社の営業が駅まで送ってくれると言うので車内で話し合い。

「前向きに検討って方向で話を進めますね」

と言われて素直にイエスとは言えなかった。

「あー」とか「うー」とか濁したが結局その場で「断ってください」とお願いして謝り倒した。

Bの営業と分かれた後、Aの営業に電話で報告。

「今終わりました。Bは断りました」

私はこの段階でAの結果は知らないが、AのことがなくてもBは断った。Aの営業は

「先方からは是非来てほしいと言われてますので話を進めましょう」

と言う。従う。

そういうわけで、来月からまた働くことになりました。

あとは私が業務に耐えられるか、です。

もうひとつ。

面接のかけもちはもうしません。できるかどうかは別として。

 

この話はこれで終わりです。次回も派遣ネタですが、これはおまけ。

*1:派遣業界では@時給という表記をするようです。面談の時にコーディネーターがメモにこう書いてた