きょうのひとり飲み会

36歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

布を処分した

私が洋裁を自己流で始めたのは5年ほど前で、横浜に住んでいた頃でした。

横浜を出るときにも布は大量処分したけど、実家に帰ってからも服を作ったので端切れの量も結構なものになっていたのでした。

布は型紙を置いて必要な部分だけ切り取るので、どうしても半端な部分が出ます。

f:id:starlights123:20160919224314j:plain

この画像は過去にも出したことがあるのですが、この場合は紙の部分が洋服になります。

他は使いません。捨てるか小物などが作れそうなら取っておきます。

大きいものは小物やバッグを作るのに使えそうなので取っておく。

母は昔パッチワークをしていたので、布を見てソファのカバーでも作ると言って私が捨てた部分をせっせと吟味しています。

かなり捨てたけど、段ボールひと箱分くらいにはなりました。

ほとんど夏の生地だったのですが、コーデュロイの生地が150㎝くらいあったので何か作ろう。