きょうのひとり飲み会

流しの食品検査員日記

小田和正(だと思う)

母が昼間のBGMとして、最近は小田和正をよく流しているのだった。

 

20くらいの頃の話。

付き合ってないけど関係はあるとかいう謎の状態の男の部屋へ行くと小田和正の歌が流れていた。

ていうかこの男、他の女が本命というか世間に公表している彼女だったのよな。

話を戻す。若い男と女なので、密室だし(略)。

行為の後、男はBGMの音量を上げた。

内容は

僕は何もしてあげられない 僕は何もしてあげられない

とかそういう歌詞。

小田和正だと思っていましたが、合ってなかったらすみません。

この人は私に何もしなかったということはなかった。

その3か月後くらいかなあ。

私を裏切った。

世間に公表している彼女のもとに帰ってめでたしめでたし、ではなかった。

彼女を無理矢理捨て、私には何の説明もなく一方的に関係を終わらせ、違う女と正式に交際を始めたとゆー。

しかもこの話には私を含めて3人の女と男1人が出てきますが、全員同じ大学の同じサークル所属です。

それとは別に違う女の人も食ってます。

 

あれ、何の話してたんだっけか。