きょうのひとり飲み会

37歳の世界へいらっしゃい・慢性膵炎終了

年利25パー

「年利25%で運用!」

という投資詐欺のニュースが過去にはあって、母は

「今だって銀行の金利だって低いのに25はあり得ない!どうしたらこんなのに引っかかるのか」

と言っていたが、私の感想は少し違った。

私よりも投資経験豊かな知人に

「ちゃんと記録取ったわけじゃないけど、50~100くらい突っ込んでこのくらいもうけた」

と話したら

「ざっと計算すれば20%くらいだね」

というお答え。

私は国内株式に落ち着いてからは(変遷はこちら*1

1500円前後の銘柄を3~5つくらい持ち、優待に飽きたら売るというスタイル。

売買の根拠はカン。てきとう。

20%の内訳はほとんど売却益だったと思う。もう思い出せないけど。

このように、私はきちんと研究した上で買っているわけではない。ビギナーズラックに近いものがある。

優待がほしいので、売却益はもうおまけ(おかしいと思います)。

私はFC2時代なんかによく「うったらよんまんえん」とか言ってたけど、

「40,000円なら売るか」

と言って優待目当ての割には簡単に売ってたような気がする。

しょっちゅう利確したって言ったらそれっぽい雰囲気になるな(笑)。

だから、がんばったら年利25%は非現実な数字ではないと思うの。

キープできるかどうかは別だけど。

しかしまあ、そこんとこ業者に任せちゃだめだと思うけど。

*1:地銀スーパー定期→積み立て投資信託→外貨預金→国内株式